PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。

個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

天体写真

(ようやく)本年初撮り

My new gear…… hpn.hatenablog.com年末に「めちゃくちゃマイニューギアりたい~」と心の声が漏れていましたが、年始早々、やってしまいました。 はい、OptolongのL-Ultimateフィルターです。正規代理店のシュミットには残念ながら在庫がないようだったので、…

2022年の振り返り

今年も、早くも残り数時間となりました。どうも今年は例年にも増して年末感が薄く……。25~26日まで撮影して、29日ごろまで画像処理やってたせいでしょうか(^^; まぁ、2023年の正月は幸い(?)月齢の巡りが悪いので、2022年よりはゆっくり過ごせそうです。 …

トラブル続きの苦しみマス

クリスマスイブだった先週土曜日は、月がない上に一晩中快晴が予想される絶好の天気。そこで、機材を積み込んで意気揚々といつもの公園に出撃しました。 が、到着後機材を展開し始めてまもなく、望遠鏡を赤道儀に固定するアリミゾを自宅に忘れてきたことに気…

BlurXterminator試用

【AIベースの deconvolution 登場!】お馴染みの Russell Croman さんが最近また新しいツール "BlurXTerminator" 1.0 をリリースしたということで使ってみました。この方のツールにはいつも驚かされるんですが、これまたクリビツですわ。もはや deconvolutio…

皆既月食&天王星食

8日は事実上今年最大のイベント、皆既月食&天王星食の日でした。幸い、晴れた地方も多く、楽しまれた方も多かったようです。 こちらもこの日は、台車に機材を満載して3kmちょっと先の河川敷へ。持って行った機材は以下の通り。 ・ビクセン ED103S+Canon EO…

晴れの週末二連荘 2日目~秋の系外銀河

先日のエントリーからちょっと間が空きましたが、9/30夜の惑星状星雲撮影に引き続き、10/1夜はいつもの公園に出撃してきました。 この日は前日に引き続き、EdgeHD800を使用。秋の小さな系外銀河を狙う予定です。系外銀河を狙うということで、光害カット効果…

惑星状星雲の大きさ比べ

昨日のエントリーで「NGC7027がちっちゃい」という話をしました。 hpn.hatenablog.com とはいえ、じゃあ実際のところどのくらいの大きさなのか、というのは、数字だけではなかなか実感がわきにくいと思います。そこで、過去に撮影した写真の縮尺を合わせ、1…

晴れの週末二連荘 1日目~惑星状星雲祭り

去る9/26、久々に「星欲」を満足させたのですが、WindyやSCWによれば9/30~10/2にかけても晴れの予報。これまでが我慢のし通しだったので、またぞろ機材を引っ張り出すことにしました。 とはいえ、2夜連続で出撃するのはさすがに体力的にきついものがありま…

久々の撮影

大体全国的にそうだったと思うのですが、この夏は天候がとにかく不安定でした。たまに晴れたとしても、いつ雷雨が襲ってくるか分からない状態で、とても落ち着いて天体撮影をできる状況ではありません。 記録を見返して見ると、最後の撮影は2ヶ月前の7月30日…

気まぐれな夏空

前回の新月期は、異例の早さの梅雨明け直後でよく晴れたのですが、その後は戻り梅雨。しかし、今月の新月期は「第二の梅雨明け」といった雰囲気で、これまたよく晴れました。 特に昨日の昼間は、水蒸気が多い白っぽい空ではなく、文字通りの青空!この天気が…

MAK127SPの写真適性

金曜夜、曇りがちだったWindy(ECMWF)の予測に反して良く晴れたので、以前から試してみたいと思っていた計画を発動しました。その計画というのは、Sky-Watcherの比較的安価なマクストフカセグレン「MAK127SP」で惑星状星雲を狙うことです。 MAK127SPは口径1…

自宅付近のSQM値を測ってみた

先日、だいこもん (id:snct-astro)氏が普通のCMOSカメラを用いてSQM値を取得する方法を紹介されていました。 snct-astro.hatenadiary.jp SQMというのはUnihedron社製の測光装置「Sky Quality Meter」のことで、夜空の明るさを「1平方秒あたりの等級」で表示…

梅雨明け!

東京は6月6日に梅雨入りして「この先1月半は休業状態だな……」と思っていたのですが、なんとわずか20日後の6月26日に梅雨明け発表。しかもこれ、曜日の関係で発表が26日になっただけで、実質的には24日には明けていたのではないかと思われます。 そしてそれ以…

都心から「カラフルタウン」を撮ってみた……かった

東京都心から天の川を撮影した5月3日の夜、もうひとつの「無理・無茶・無謀」を実行していました。 hpn.hatenablog.com アンタレス周辺の俗に言う「カラフルタウン」の撮影です。 アンタレス周辺は星間物質が豊富で、散光星雲や反射星雲、暗黒星雲が入り乱れ…

GWは「がんばるウィーク」

5月3日の夜は一晩中快晴の予報。月齢も三日月で理想的でしたので出撃することにしました。ここで、普段ならいつもの公園に……というところなのですが、連休につき後のダメージの心配の必要がないということで、少し遠出をしてみることにしました。 「重いコン…

リベンジ!回転花火銀河(5年ぶり2回目)

前エントリでも触れましたが、先の金曜日、月没を待っていつもの公園に出撃してきました。 本来なら「春の銀河祭り」後半ということで、おとめ座~かみのけ座方面の系外銀河などを長焦点鏡で狙うところですが、今回はおおぐま座の「回転花火銀河」ことM101を…

久々の月面モザイク

金曜、土曜は月齢がやや大きかったものの、よく晴れたので連続出撃してきました。金曜は月没を待って系外銀河を撮ったのですが、こちらは未処理なので後回しにするとして。 土曜は久しぶりに月面を狙いました。というのも、先日Topaz LabsのSharpen AIの検証…

「春の銀河祭り」と、光害と、LED照明

先週末、一晩中晴れ間が広がるという予報だったので、宵のうちからいつもの公園に出撃してきました。 もっともWindyの予想を見ると、晴れではあるものの、特に夜半前は5m/s以上の風が吹きそうだったので長焦点鏡の運用は難しそう。可能なら系外銀河のクロー…

川の流れのように

月曜夜、本来なら平日ですが、新月期&風の穏やかな快晴ということもあり、いつもの公園に出撃してきました。 夜半前まではBORG55FLで「かもめ星雲」ことIC2177を撮影していたのですが、その話は後日するとして……この日のメインはもう1つ。昨年末、惨多苦老…

久々に他人の画像を処理してみる

Twitterで以前から相互フォローさせていただいているMasa'sAstroPhotographyさん(@MasaAstroPhoto)が、以下のようなツイートを先の連休中にされていました。【ゆる募】昨年撮りためた大量の北アメリカ星雲のデータを処理して下さる方を募集します。Google…

新年初撮り

みなさま、遅ればせながらあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 さて、この年末年始は月の巡りがちょうどよく「撮影三昧だー!!」と思っていたのですが、年賀状に年越しそば、おせちと準備がなかなか忙しく、案外撮影時間を捻…

2021年の振り返り

早いもので、今年ももうあとわずか。年々、年末という感慨が薄れている気がするのですが、これも歳のせいでしょうか……(^^; ともあれ、今年も色々ありました。軽く振り返ってみましょう。 今年はあまり機材には投資せず、手持ちのもので色々と撮り方をチャレ…

都心からの「淡いの」チャレンジ

さて、先日レナード彗星を撮影した夜、明け方まで何をやっていたかの話です。 hpn.hatenablog.com 3日金曜の夜は、新月期かつ貴重な週末の晴れ間ということで、天文薄明終了を狙って出撃しました。この時期は18時ごろには天文薄明が終了し、そのあと5時ごろ…

レナード彗星(C/2021 A1)と球状星団M3

現在見頃を迎えているレナード彗星(C/2021 A1)ですが、ちょうど12月3日~4日にかけて、りょうけん座の球状星団M3の近くを通過することに。予報では、3日の明け方は天気が今一つの感じだったので、4日の明け方を狙って3日の金曜夜にいつもの公園に出撃して…

レナード彗星(C/2021 A1)

今年の新年早々、レモン山サーベイで発見されたレナード彗星(C/2021 A1)が順調に明るくなってきています。COBS(Comet Observation Database)のデータによれば7等台は確実なところ。 上の図*1は午前5時における各日の彗星の位置ですが、彗星は明るくなり…

部分月食

前回の皆既月食から約半年、19日は食分0.978の部分月食……というか、「ほぼ皆既月食」でした*1 *2。5月の月食の時は雲に阻まれ、ほとんど月が見えなかったので、リベンジと行きたいところです。 hpn.hatenablog.com ところが、直前に晴天が続いていたにも関わ…

冷却CMOSカメラの撮影条件テスト

HIROPONは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の光害を除かなければならぬと決意した。HIROPONには物理・数学がわからぬ。HIROPONは、バイオ研究者である。遺伝子を切り貼りし、大腸菌と遊んで暮して来た。けれども画質に対しては、人一倍に敏感であった。オサマ・…

山椒は小粒でも……

11月5日の夜は、週末と新月期、晴天がうまい具合に重なってくれて絶好の撮影日和。とはいえ、宵のうちは雲が出る予報だったので、晩飯後にいつもの公園に出撃してきました。 この夜は、夜半過ぎまで適当な対象を撮影したのち、1時過ぎからは、とある「テスト…

さよなら三角、またきて四角

9月の新月期(9月上旬)は関東に北東風が吹き込み続け、記録的な低温&悪天候に見舞われましたが、9月後半あたりからは天気が徐々に持ち直してきました。先週末は月齢も小さく、しかも10日夜はWindy(ECMWF)の予想によれば、南風が吹き込んで湿度は高そうな…

あれから10年も この先10年も

ついうっかり忘れていたのですが、この夏で、天文趣味に復帰してから丸10年になりました。実際に経ってみると、10年などというのは本当にあっという間です。 この10年の間には、機材などの進歩に加え、使っていた観測地が潰れたり、母親が脳内出血で倒れて介…