PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。

個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

マスク作成の強い味方「StarNet++」

星雲を強調するための「星雲マスク」や、星だけを抜き出した「星マスク」を作成するために、星だけを消去した画像が必要になる場合がしばしばあります。そうした画像を作成する方法としては、Photoshopの「明るさの最小値」フィルターを使う方法、「FlatAide…

Sky-Watcherの新製品

Twitterの方ではすでに取り上げましたが、先月末、2020年のSky-Watcherのカタログ画像が海外の掲示板でリークされていました。stargazerslounge.com 新製品として注目されていたのは以下の4つです。 STRAQUEST & AZ-EQ AVANT用モータードライブ Evostar 72ED…

Huawei MediaPad M5 lite簡易レビュー

この週末、先日発表されたばかりのHuawei MediaPad M5 liteを購入してみました。これまで使用していたASUS MeMO Pad 8(ME581C)からの買い替えという位置づけです。 AZ-GTiの件があるのでその影響かと思われるかもしれませんが、買い替えの理由として一番大…

(遅ればせながら)AZ-GTi簡易レビュー

先日、撮影の合間に一般の人に望遠鏡を覗かせたのをきっかけに、改めて自動導入経緯台の必要性が痛感されるようになってきました。普段、自分が使うだけならK型経緯台でも大きな問題はないのですが、他人に見せるとなると自動で追尾してくれた方がなにかと楽…

祝・星ナビ掲載!

なんと嬉しいことに! ついに今月号の星ナビに!! 掲載されました!!! ……って、写真入選とかじゃないのですけど(^^; 以前書いた、光害カットフィルターに関しての記事についてですね。hpn.hatenablog.com hpn.hatenablog.com 言及されていたのは、「都会…

都心のアンタレスチャレンジ(撃沈編)

土曜の日中、一部で激しい雷雨に見舞われた東京ですが、夜は予報通り快晴となったので、前回の検討結果を受けてアンタレス付近を狙いに出撃してきました。 この夜、アンタレスが高度25度以上に上るのは日付が変わった0時ごろなので、そのころからシャッター…

都心のアンタレスチャレンジ(のテスト)

このGWは新月期に当たっているというのに、前半は雨ばかりでやきもきさせましたが、Windyの予報を見る限り、どうやら土曜の夜は快晴になりそう。 そこでその予行演習に、木曜の夜にいつもの公園に出撃してきました。狙いはさそり座アンタレス周辺の領域です…

SG-3500のバッテリー交換

現在、赤道儀の動力用電源としては大自工業のSG-3500LEDを使用しています。DC12V, 20Ahと十分な容量がある上に安価なので、使っている方も多いかと思います。 ところが先日、充電完了後に容量チェックをしてみると……フル充電になっていません。表示の意味と…

ステラナビゲータ11 簡易レビュー

以前、アップデートの案内が来ていたので注文していた「ステラナビゲータ11」(SN11)が本日、到着しました。 中身はディスクの入ったパッケージと100ページほどのマニュアル。マニュアルはサイズ的にも厚さ的にもディスクケースの中には納まりません。こう…

長焦点鏡の出番

春が近づいて雨の日も増えてきましたが、8日金曜は快晴の上に月明かりもなし。ということで、家族の晩御飯を大急ぎで作ったのち、いつもの公園に出撃してきました。 この夜の気圧配置を見ると、大陸からの移動性高気圧が日本上空をすっぽりと覆っています。…

CP+ 2019

今年もCP+が2月28日からパシフィコ横浜で開催。というわけで、週末を待って行ってきました。例年通り、天文関連製品中心のレポートです。 ビクセン 今年で創業70周年を迎えるビクセン。ここ1年は、SXP2赤道儀やFL55SS、高性能補正レンズ類の発売などかなり精…

オフアキシスガイダーの調整

先日、何者かのスタンド攻撃で突如「生えてきた」IDASのNebula Booster NB1ですが、これをセレストロンのオフアキシスガイダーに組み込んでみました。 事前の予定はこんな感じ。 オフアキのカメラアダプター後方にあるTネジ(M42, P0.75)の後ろにボーグのM4…

エクステンダーPH発売

2017年、2018年とCP+で参考出品されながらも、なかなか製品として出てこなかったR200SS用の「エクステンダーPH」ですが、ついに2月27日、「エクステンダーPHキット」として発売されることがビクセンから発表されました。定価は68000円(税別)。実売価格は、…

天体カタログ覚え書き

先日、Twitter上でこんなやり取りがありました。 Trumpler 5 (Tr5) = Collinder 105 (Cr105)ですね。直接的な情報だとhttps://t.co/3jQEgLCmIKとかhttps://t.co/RcS3vqepWTとか。この手のマイナーなカタログの取っ掛かりとしては、例えばここなんかが参考に…

自システムでのフィルター径の考察

先日、光害カットフィルターのスペックをまとめた際に、コメントで「IDASは、以降の新型フィルターではMFAを出さないようだ」という情報を頂きました。ここで言うMFAというのは、キヤノンのAPS-C機のマウント内部に設置するタイプのフィルターのことです。こ…

写っていた意外な天体

先日撮影したM59とM60の写真ですが、色々調べているうちに、ちょっと面白い天体が写っていることに気が付きました。 上の写真でマーカーを付けた天体ですが、一見ただの星のようにしか見えません。ところがこれ、なんと銀河なのです。 それぞれM59cO、M59-UC…

春の先駆け

前日の1月31日は、東京も積雪を心配されるような天気でしたが、幸い雪は大したことなく。そして翌2月1日はきれいな快晴。月齢の巡り合わせもいいですし、夕食後、いつもの公園に出撃してきました。 今の季節で夜半以降となると、撮影対象は春の系外銀河がメ…

惑星撮影システム Ver.2019

先日、待ちに待っていたものがようやく届きました。光映舎のM48P0.75オス~M57P0.75オスの変換リング(型番2882505)です。光路長は5mm。年末年始を挟んだので納期はそれなりにかかりましたが、非常に丁寧なつくりで満足感があります。価格も4600円とリーズ…

光害カットフィルターのスペック一気比較

台湾の新興フィルターメーカーSTCが「Astro-Duoナローバンドフィルター」を国内販売して以降、同じようなコンセプトの光害カットフィルターが各社から出始めてきました。自分もこの手のフィルターには興味があるので、自分自身の情報整理も兼ねて、各社の公…

都心でHαで無双だった件

先週末は東京も初雪が舞ったようですが、13日の夜はその名残もなくきれいな快晴。月も夜半前には沈みますので、夕食後、いつもの公園に出撃してきました。 今回の狙いは、前回撮影した「かもめ星雲」および「M81 & M82」について、Hα画像を撮り足すことです…

部分日食

1月6日は2016年3月9日以来、久しぶりの部分日食。ちょうど冬型の気圧配置が強まる時期ですし天気は安泰……と思いきや、年明け以降の天気予報ではかなり微妙な情勢になってきていました。 不思議なことに、日食や月食といった天文現象にはこのところ天気に嫌わ…

新年初撮り

みなさま、新年あけましておめでとうございます。 この年末年始は、休みに入ったとたんに母の介護がどっと圧し掛かってきて、とても「今年の振り返り」などをやってる余裕はなかった*1のですが、どうにか3日の夜は時間が取れそうだったので、いつもの近所の…

SX系バランスウェイトの改良

先のエントリではウェイトの固定力不足に泣かされたわけですが、原因が寒くてネジをしっかり締め込めなかったことにあるのは明らか。つまり、しっかり締め込めるネジに交換すればもうこんなことは起こらないはずです。というわけで、まずは現状を確認するこ…

ウィルタネン彗星ふたたび & ちょっとした失敗

先週末、15日の夜は休日と快晴がうまい具合に重なってくれたので、いつもの公園に出撃してきました。 最大のターゲットは、前回短時間露出で撮影していたウィルタネン彗星。淡いながらも尾が見えるような報告が上がってましたので、長時間露出でこれを狙いま…

ウィルタネン彗星

8月末以降、東京は新月期の夜の天気が異常に悪く、天体写真からは長らくご無沙汰だったのですが、10日の夜は珍しく雲がほとんどない快晴。しかし残念ながら平日の上、家族の食事も用意しないといけないので「近所の公園までプチ遠征」というわけにもいかず………

Pierro Astro ADC MK3簡易レビュー

先日、うっかり気絶して海外サイトに注文したものが届きました。仏Pierro Astro社のADC MK3……大気分散補正用のいわゆる可変ウェッジプリズム(ADC, Atmospheric Dispersion Corrector)です。価格はおおよそ300ユーロ程度だったかと思います。 仕様としては…

天体観測に赤いライトは最適か?

先日、あぷらなーとさんが電球色のLED照明を購入したことを話題にされていましたが、それで思い出したのがSky & Telescope誌の2016年6月号にあったRobert Dick氏の” Is Red Light Really Best?”という記事です。www.skyandtelescope.com これまで、天体観測…

現代ファインダー考

この三連休、晴れ間が広がったこともあって、惑星状星雲狙いで毎晩望遠鏡をスタンバイしていたのですが、結果的にはセッティング中に雲が全天に広がってしまい、一度も撮影にまで至ることが出来ませんでした。しかしその過程で、先日購入したSkyWatcherの9×5…

PHD2マニュアル更新(v2.6.5対応)

大変遅くなりましたが、PHD2の日本語マニュアルをv2.6.5対応のものに更新しました。ダウンロードはこちらから。(PDF形式) 今バージョンの最大の変更点は、極軸設定機能が付け加わったこと。従来からある「ドリフトアライメントツール」に加え、極付近の星…

シュミットのセールに出撃

秋葉原に行くたびにちょいちょい立ち寄らせてもらっている天文ショップ「シュミット」さんですが、皆様ご存知の通り、11月に西落合へ移転とのこと。これに合わせて本日から「在庫品・展示品一掃セール」をやるとのことでしたので、入っていた仕事を早々に切…