PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。

個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

ASI120MCの再活用

今、こちらの手元にはZWOのカラーCMOSカメラASI120MCが1台、余っています。


このカメラは撮像素子としてAptina ImagingのAR0130CS(1/3インチサイズ)を搭載しているもので、2013年の11月、惑星撮影用にASI120MMとともに購入したものです。
hpn.hatenablog.com


今では、ASI120MM/MCとも惑星撮影用としてはASI290MM/MCに道を譲っています。そしてASI120MMの方はガイドカメラとして現在も活躍中ですが、ASI120MCの方は完全に浮いた状態になっていました。


一方、こちらのメインの撮影機材が冷却CMOSに移行したのは、これまでにも書いてきた通り。となると、これまで撮影に用いてきたEOS KissX5 SEO-SP3がこれまた浮くことになります。そこで思いついたのが、一眼レフを赤道儀化AZ-GTiに載せ、ASI120MCでガイドすれば、星野写真がそこそこモノになるのではということ。焦点距離を欲張るつもりはないので精度はほどほどで十分ですし、これなら大した元手をかけずにできそうです。


f:id:hp2:20200913191843j:plain

さて、これが手元にあるASI120MCです。


f:id:hp2:20200913192004j:plain

初期ロットに近いものらしく、今では底面に印刷されている製品名が、シールに印刷されて貼られています。


f:id:hp2:20200913192013j:plain

側面には「ZWO Design」の文字が。個人的にはこの印字もかっこいいと思うので、現行品でも残してほしかった気がしなくもなかったり。


f:id:hp2:20200913192118j:plain

ASI120MCには(現行のカメラも同様ですが)焦点距離2.1mmのCCTVレンズが付属しています。


f:id:hp2:20200913192131j:plain

これをばらすと、レンズ本体とCマウント→Tマウント変換リングとに分離できます。この変換リングを介せば、市販のCマウントレンズを接続できるわけです。


f:id:hp2:20200913192210j:plain

今回、用意したのはノーブランドの焦点距離25mm、F1.4のCCTVレンズ。国内のカメラ屋から中古で2000円ちょっとで入手しました。この手のレンズは、AliExpressやAmazonマーケットプレイスなどを漁ると新品が安い値段で出品されているのを見かけますが、たいてい納品までに時間がかかる上、万が一の場合のトラブルを考えると、国内で入手できた方が安心です。


f:id:hp2:20200913192258j:plain

レンズ自体はB級品ということで、内部にチリが多数見えますが、どうせガイドに使うだけなので大した問題ではありません。分解して掃除することもできそうですが、そこまでの危険を冒す価値もないでしょう。


f:id:hp2:20200913192336j:plain

なお、このレンズのマウントは、Cマウントのフランジバックを5mmほど短くしたCSマウントです。ちょうどTリングを6mmほど延長できる延長筒を持っていたので、これで間に合うかと思ったのですが、残念ながらあともう少しで無限遠が出なかったので、やむを得ずCSマウント→Cマウントのアダプターリングを購入しました。これが四百数十円。


f:id:hp2:20200913192416j:plain

組み上げると、ぐっとそれっぽくなりました。ちなみに、このレンズの外径が31.7mmアイピースとほぼ同じだったので、31.7mm用のフィルターが付くかと期待したのですが、残念ながらレンズ側が微妙にサイズが大きく、取り付けられませんでした。


f:id:hp2:20200913192908j:plain

最後に、ASI120MC底面の1/4インチのネジ穴を用い、カメラのホットシューに取り付けてガイドシステムの完成です。


ちょっと考えると、EOS KissX5のピクセルサイズが4.2μm、ASI120MCのピクセルサイズが3.75μmなので、ガイド側が25mmのレンズでは、広角レンズでも使わない限りガイドの精度がまるで足りないように感じます。しかしPHD2では1/10ピクセルの単位で星像の重心位置を検出するので、実際には結構な焦点距離のレンズまでこれでガイドできる計算です。おそらく200mmくらいまではなんとかなるのではないでしょうか?


というわけで、これでまたちょっと遊べそうです。とりあえずはシグマの安い18mm-50mmのレンズがあるので、まずはこれでチャレンジですかね?

冷却CMOS本格始動!

せっかく5月に冷却CMOS(ZWO ASI2600MC Pro)を入手したものの、月齢や梅雨の長雨などに祟られ、長いこと本格投入することができずにいました。しかし、19日の夜は久々に快晴になる予報で、体感温度的にも耐えられそうな雰囲気。おまけに週末は天気が崩れそうということで、平日ですがちょっと無理していつもの公園に出撃してきました。


今回の狙いはケフェウス座の散光星雲IC1936。「ガーネットスター」の愛称で知られる赤色超巨星ケフェウス座μ星の南に広がる大型の散光星雲です。写真派には有名な天体ですが、とにかく淡い上、撮影場所が都心も都心、北10km圏内に渋谷・新宿を控えているため、それなりに困難な対象です。


一応、3年ほど前に、EOS KissX5 SEO-SP3にOPTOLONGのCLS-CCDフィルターを用いて撮ってはいるのですが、色は濁るわディテールはつぶれるわで、いかにも無理やり感の漂う仕上がりでした。
hpn.hatenablog.com


そこで今回は、ASI2600MC ProにAstronomikのHαフィルター*1およびIDASのNebulaBooster NB1フィルターを用い、よりしっかりとIC1396の姿を捉えることを目標としました。


f:id:hp2:20200821184541j:plain

まず、光害が比較的激しいと思われる夜半前は、Hαでのナローバンドでの撮影を試みます。AstronomikのHαフィルターの半値幅は6nmと狭いので、1コマ当たりの露出時間は長めに20分としました。


f:id:hp2:20200821184619j:plain

撮って出しはこんな感じ。極めて激しい光害の中にもかかわらず、星雲の姿がはっきり確認でき、少しは期待できそうです。


f:id:hp2:20200821184648j:plain

夜半過ぎからはフィルターをNB1に切り替え。フィルターの厚さが、AstronomikのHαフィルターが1mmなのに対し、NB1は2.5mmあるので、ピント位置が変わってしまうのが厄介ですが、ちょうど子午線反転するタイミングでもあり、それほど大きな面倒は感じませんでした。
hdv-blog.blogspot.com


NB1フィルターの方は、光量があるので露出は1コマ当たり15分で。この条件で天文薄明開始頃まで撮影を行い、終了としました。


f:id:hp2:20200821184724j:plain

こちらの撮って出しはこんな感じ。さすがにナローバンドのように星雲の姿がハッキリと……とはいきませんが、それでも星雲の存在は分かります。3年前のCLS-CCDを用いた時の結果とは明らかに違い、期待が持てそうです。


ちなみにASI2600MC Proの消費電力ですが、外気温約27℃、CMOSの設定温度0℃として、結露防止ヒーターONの状態で約7時間運転して、容量700Whの電源が20%程度減るくらいでした。消費電力は案外とつつましやかな印象です。また、このときの冷却機構のパワーが60%程度と余裕がありそうだったので、イチかバチかで設定温度を-10℃にしてみましたが、冷却機構がフルパワーで動いてもギリギリ届きませんでした。ASI2600MC Proの仕様では「外気温-35℃」が限界なので、まさに仕様通りの結果と言えるでしょう。




さて翌日、時間を見つけてこれらの画像をそれぞれ処理します。


f:id:hp2:20200821185036j:plain

処理途中はこんな感じ。コントラストはさすがにHαナローの方が有利。とはいえ、NB1の方も「準ナロー」とでもいうべきフィルターなので、これはこれでなかなかよく写っています。しかし、せっかくのHα画像を生かさないのはもったいないので、まずはNB1で撮影した画像のRチャンネルをHα画像と入れ替えてみます。



f:id:hp2:20200820223941j:plain

そして各種調整後の画像がこちら。星雲の細部が締まって、だいぶ見栄えが良くなりました。しかし、Hα画像の良さが生かし切れていない感じも多少ありますし、星雲もやや重ったるい感じがなくもありません。


そこで、今度はHα画像を輝度情報とし、NB1の画像とLRGB合成してみます。合成後、さらにあれこれ調整して……出てきた結果がこちら!


f:id:hp2:20200821180930j:plain
2020年8月19日 ミニボーグ55FL+レデューサー0.8×DGQ55(D55mm, f200mm) SXP赤道儀
ZWO ASI2600MC Pro, 0℃, Gain=0, 露出1200秒×8コマ(Hα)+900秒×12コマ(NB1)
Astronomik Hα & IDAS NebulaBooster NB1使用
ペンシルボーグ25(D25mm, f175mm)+ASI120MM+PHD2によるオートガイド
ステライメージVer.7.1eほかで画像処理

うん。東京都心でここまで写せれば、まずは上出来でしょう。有名な「象の鼻星雲(Elephant's trunk nebula)」をはじめ、暗黒星雲が複雑に入り組んだ様子がよく分かり、なかなか興味深い姿です。


f:id:hp2:20200821182155j:plain
象の鼻星雲(Elephant's trunk nebula)

今回使ったフィルターはいずれも基本的には輝線しか通さない*2ので、IC1396中心部などに存在する、反射星雲由来の青い光などが一切表現されないのは惜しいところ。とはいえ、場所柄、淡い反射星雲由来の光を捉えるのは土台無理な話ではあるので、そこは諦めざるをえないでしょう。


コロナ禍で遠征がためらわれる昨今ですが、街なかでも工夫とテクニック次第でこのくらいは撮れるので、皆さんも諦めずにチャレンジしてもらえればと思います。




f:id:hp2:20200821185418j:plain

ところで今回の撮影中、合間を縫ってAZ-GTi+MAK127SPを使って木星土星、火星などを観望していました。


実は、AZ-GTiの電源(eneloop)を充電器に入れたまま家に忘れてきてしまったのですが、そこらのコンビニで手に入る単三電池を買って事なきを得ました*3。肝心の惑星像の方は、3万円台の安い鏡筒にもかかわらず、相変わらず良く見えます。ちょうどシュミットさんでセールをやっていますし、チャンスかもしれません。
www.syumitto.jp

*1:本当はOPTOLONGのHαフィルターを入手する予定だったのだけど、生憎欠品とのことでやや高めのこちらのフィルターを購入した次第。とはいえ、半値幅が7nm→6nmと、より狭くなっているので性能は期待できます。

*2:通す波長を考えると、「疑似AOO」と言ってもいいかもしれません。

*3:街なか撮影のありがたいところです。

VSD100F3.8生産終了

特にアナウンスなどはないようですが、いつのまにやらビクセンのVSD100F3.8鏡筒が在庫払底、生産終了扱いになっていました。

www.vixen.co.jp


VSD100F3.8は、ビクセンHOYA株式会社(当時のPENTAXイメージングの親会社)から正式に特許権及び図面の譲渡契約を結んで開発された鏡筒です。発売は2013年11月29日でしたから、6年ちょっとで終売ということになります。


この鏡筒は「ツチノコ」の愛称で知られたペンタックスの100SDUFII(口径100m, F4)の設計を引き継ぎ発展させた光学系で、SDガラス1枚、EDガラス1枚を含む5群5枚という、ビクセンとしては非常にリッチな構成の光学系でした。この複雑な光学系を製造するため、新規に大型レーザー干渉計Zygo Verifire ATZを導入するほどで、まさに社運をかけての一大プロジェクトでした。


このように気合の入った光学系だけに、イメージサークルは直径70mm(光量約60%)とフィルム時代の645判をもカバーし、星像は写野周辺部でも約15μmを保つという高性能ぶりでした。


接眼部にはペンタックスの鏡筒から引き続き大型ヘリコイドを採用。この精密ヘリコイドの製造には特殊な工作機械と職人技が必要で、このタイミングを逃すと危うく作れなくなる寸前だったと言います。


ともあれ、アイソン彗星(C/2012 S1)の接近(2013年12月)をターゲットにしたと思われるこの鏡筒、どうにか彗星接近直前には発売にこぎつけましたが、その価格は鏡筒のみで税別62万円という、ビクセン製品にしては驚きの高価格。性能等を考えればやむを得ない価格だとは思いますが、高橋製作所のFSQ-106EDをも上回る価格で、賛否両論を巻き起こしたのは記憶に新しいところです。


残念だった点

このように、高価格ながらも高性能な鏡筒でしたが、それだけに惜しい部分も目に付きました。


まず、オプションの発売が完全に後回しになってしまった点です。アイソン彗星に間に合わせるためか、鏡筒本体だけでも2013年内に間に合わせた形ですが、この時点で発売されたのは本当に鏡筒だけ。純正の鏡筒バンドすらなかったのには(悪い意味で)驚きました。


結局、鏡筒バンドと専用のファインダー台座が発売されたのが鏡筒発売から9か月も経った翌年8月22日、専用レデューサーの発売は10月2日と大幅に遅れ、発売が予告されていたエクステンダーについてはとうとう登場せずじまいでした。製造数の関係上、VSD100F3.8の出荷本数がある程度の数に達するまで待っていたのかもしれませんが、設計だけならとうの昔に完了しているはずで、ちょっとメーカーとしてのやる気を疑う展開でした。



そして、これは以前も指摘した点ですが、売り方、そしてコンセプトの拙さです。


この鏡筒の最大の特長は、F3.8という明るさに加え、645判すらカバーする平坦で均質、広大なイメージサークルにあるはずです。しかし製品紹介ページにその記述は少なく、しかも大量の文章の中に埋もれていて、じっくり読まないと目につきません。


その結果、本来は棲み分け可能であるはずのFSQ-106EDと、中心部の星像を比べられる羽目に陥ってしまいました。明るいF値と広いイメージサークル全体に渡っての星像の均質性を生かして、淡く大きく広がった対象を35mm判フルサイズ超の大面積のセンサー、フィルムでガバッと捉えるのこそが真骨頂のはずですが、そこがうまく伝えられていなかった証拠です。


ただ一方で「一番の「ウリ」であるはずの広大なイメージサークルを生かす場面が、現在ほとんどない」という点に、コンセプトの甘さを感じます。デジタル撮影で用いられるイメージセンサーとしては、36.9mm四方の面積を持つKAF-16803や、ペンタックス 645Zや富士フイルム GFX100などで用いられている43.8×32.8mmのCMOSあたりが最も大きい部類で、おそらくこうしたイメージセンサーを使わないとVSD100F3.8の良さは生きてきません。


しかし、そうしたカメラの稼働実数を考えればその市場規模は推して知るべし。一方で、F3.8の明るさを維持した上でこれだけのイメージサークルを確保するには、価格を含め犠牲も少なからずあったはずで、上記のようなカメラを持っていない層には、むしろデメリットの方がより多く降りかかる形になりかねない危うさがありました。


光学系としては周辺光量が極めて豊富で、APS-Cや35mm判ならフラット補正がほとんど必要ないようなレベル(APS-Cで周辺光量90%以上、35mm判でも80%以上*1)なのですが、そうした方向での訴求がなかったのもあまりにももったいないように感じました。



もっとも、この製品については技術継承や開発経験蓄積の意味合いも強く、最初から市場性や採算をある程度度外視していたと思わるフシもあるので、一概に良し悪しを判断できない部分もあるのですが、ちょっと分不相応に背伸びした割にマーケティングが拙すぎた感は否定できません。


現時点で後継機開発の計画があるのかどうか分かりませんが、もし次があるなら、できればもう少しリーズナブルな製品開発をお願いしたいところです。