PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。

個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

「恋する小惑星」を検証してみた 第3話

今回は昼間の日常回ということで、さすがに天文ネタはほとんどなしでした。


星が写っているカット自体、テスト前にあおがベランダから眺めていた空*1と、いの先輩が桜先輩と電話でお話ししているときに窓から見えていた空*2くらい。星の位置の描写が正確なのはもはや驚くべきポイントではないので、今回は検証記事やめようかな……と思っていたのですが、アバンでちらっと彗星の話が出ていたので、そのあたりを。



あお『ジョンソン彗星、今月は5等級まで明るくなるみたい』
みら『5等…ってことは望遠鏡で見える?』
あお『うん。私の双眼鏡でも見られると思う』
f:id:hp2:20200119010228j:plain


あお『ほかにもPANSTARRS彗星とか、タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星とか』
みら『あはは!それ名前長すぎ!』
f:id:hp2:20200119010240j:plain

この場面で彗星の名前が3つ出てきました。ジョンソン彗星とPANSTARRS彗星、タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星です。


「ジョンソン彗星」や「PANSTARRS彗星」という名前を持つ彗星は複数あるのですが、「タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星」といえば、周期彗星*3である「41P/タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星」*4しかありません。


41P/タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星は、5.42年かけて太陽の周りを回る彗星で、もっとも最近に太陽に近づいたのは2017年4月のこと。この年はPANSTARRS彗星(C/2015 ER61)が5月に、ジョンソン彗星(C/2015 V2)が6月に太陽に近づいているので、ここからも作品の舞台が2017年であることが確認できます。


なお、上で彗星の名前の後ろに(C/2015 V2)などと書きましたが、これは彗星に付けられる符号で、「C/」は発見されたばかりの彗星または非周期彗星であることを、続く数字は発見された年号を、次のアルファベットはその年のいつ発見されたかを、1月前半が「A」、後半が「B」といった具合に示し*5、最後の数字はその期間中に見つかった何番目の彗星かを示します。C/2015 V2の場合、「2015年11月前半(V)に見つかった2つ目の彗星」という意味になります。


C/2015 ER61の場合は、発見時は小惑星として見つかったので、符号の付け方が小惑星流になっています。年号と月の前後半を表すところまでは彗星と同じですが、その期間中に見つかった天体には、数字ではなくアルファベットで順にA, B, C……と振っていき*6、Zまで達したら、アルファベットに添え字をつけてA1, B1……というように名付けていきます。C/2015 ER61の場合、「2015年3月上旬(E)に見つかった1542番目*7の天体」という意味になります。



さて、この場面で、あおは「ジョンソン彗星が5等級まで明るくなる」と言っています。ところが、実はここがちょっと厄介なところで、2017年の5月時点ではすでに「せいぜい7~8等級どまりではないか?」という予想が出ていたのです。



f:id:hp2:20200119010739p:plain

このグラフは、ジョンソン彗星の光度を表したものです。横軸が日時、縦軸が明るさになっていて、黒い点1つ1つが実際に観測された明るさになります。


研究者たちは、こうした測定データをもとに彗星の明るさを予測するのですが、実際の彗星はなかなか思った通りのふるまいをしてくれず、予測が外れるのはよくあることです。


この彗星の場合、2016年夏頃までは順調に明るくなってきていて、で示したようなカーブを描いて明るくなるものと予想されていました。ところが、年末が近づくにつれて明るさは伸び悩み、年が明けても明るくなるペースが戻らないことから、遅くとも3月ごろには、青い線で示すように「最大でも7~8等級にしかならないだろう」という予想がほぼ確定していたのです*8


では、あおがなぜ「5等級」などということを言ったのかですが……あおが見ている本をもう1度よく見てください。



f:id:hp2:20200119010706j:plain

「アストロガイド 星空年鑑 2017」です。この本は2017年に見られる天文現象などをまとめたもので、2016年11月30日に発売されています。原稿の締め切りを考えると、彗星の光度予測はおそらく2016年9月ごろのものを使っているはずで、だとすると「5等級まで明るくなる」という予測がまだ生きていた頃です。つまり、彼女の言っていたことは決して間違いではないわけです。


とはいえ、彗星の光度予測は水物で、実際に近づいてきてみないとどのくらい明るくなるか分からないことが多いです。その意味で、地学部員たるもの、なるべく最新の情報を手に入れるべきだったとは言えるでしょう。



次いで、「5等級」と聞いて「望遠鏡で見える?」と返したみらの反応ですが、これはまったく正しいです。5等という数字だけ聞くと肉眼でも見えそうな気がしてしまうのですが、彗星というものは普通の星と違ってボウッと広がっています。彗星の「等級」は、いわばこのボウッと広がった光を1点に集めた場合の明るさなので、5等だと肉眼ではまず見えません。ましてや、舞台のモデルが川越という光害地なのを考えると絶望的です。


しかし逆に、望遠鏡を使えば比較的楽に捉えられそうな明るさで、彗星があまり大きく広がっていなければ双眼鏡でも十分行けそうです*9



あと、「タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星」の名前を「長すぎ!」と笑ったみらですが、彗星の名前は、その彗星を発見した人の名前が先着順で3名まで付けられることになっています。なので、名前の長い人が見つけた場合などは、舌を噛みそうな名前になることもよくあります。有名どころだと、45P/本田・ムルコス・パジュサコバ彗星(本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星とも)や57P/デュトワ・ネウイミン・デルポルト彗星あたりは結構長いです*10。もっとも、最近はLINEARのような自動全天捜索プロジェクトが発見する彗星が圧倒的に多くて、人の名前が彗星につくことは減ってきています*11。無味乾燥な感じがして、ちょっと残念なところです。




※ 本ページでは比較研究目的で作中画像を使用していますが、作中画像の著作権は©Quro・芳文社/星咲高校地学部に帰属しています。彗星の光度データはComet Observation Databaseから取得しました。光度グラフはComet for Windowsで作成しました。

*1:5月中旬~下旬の10時半ごろの南空かと。さそり座の東側には土星が見えています。

*2:南の空にはさそり座のアンタレスを挟んだ三ツ星(アルニヤト-アンタレス-パイカウハレ)が、西側の窓からは木星が見えていました。

*3:楕円軌道を描いて太陽の周りを回っている彗星のこと。

*4:周期彗星の名前は、頭に「P/」を付けて表しますが、公転周期が200年以下、または2回以上太陽の近くに戻ってきて、それぞれが観測された彗星については登録番号が与えられ、「P/」の前にこの番号を付けて表します。

*5:ただし、「1」や「J」と紛らわしいので、「I」は使わない決まりです。

*6:「I」を使わないのは彗星と同様です。

*7:25×61+17

*8:このように「太陽に接近しても思ったほど明るくならない」というのは、初めて太陽に近づく彗星でよく見られるパターンです。このジョンソン彗星も初めて太陽に近づく彗星でした。

*9:ただ、おそらくはボヤ~っとした光芒がうっすら見えるだけで、見て面白いかどうかは別問題。

*10:念のための注意。彗星の名前の日本語表記についてですが、残念ながら「各人の現地語読みでないと絶対認めない」という原理主義的な言動をされる方が一部におられるようです。しかしながら、そもそも外国語の音を日本語に変換した時点で不正確にならざるを得ませんし、英語が事実上の世界標準語となっている現在、英語読みすら一切認めないというような極端な主張には賛同できません。

*11:一般には、自動全天捜索プロジェクトが新彗星を発見した場合、プロジェクト名が彗星の名前になります。

「恋する小惑星」を検証してみた 第2話

先日書いた「恋する小惑星」の検証記事、普段こちらのブログに訪れないような一般の方にもなんか妙に評判が良かったので*1、調子に乗って今回も天文パートに限って軽く見ていってみましょう。


まずはセッティングを始めたこの場面。


f:id:hp2:20200111232916j:plain

この日は観測会。前回の「地学部活動予定」の記載および先生と部長との会話から、観測会が行われたのは2017年の4月22日と推測できます。この日の19時20分ごろの西空はこんな感じ。



f:id:hp2:20200111232955j:plain

星の並びが正確なのは、もはや言うまでもないですね。中央やや左のV字型に見える星の並びがヒアデス星団、中央で星が小さく固まっているのが「すばる」や「プレアデス星団」として知られるM45です。また、M45の左側には赤く輝く火星が見えます。


右側で弧を描くように並んでいる星々はペルセウス座です。その下、桜先輩の頭の上あたりにある明るい星はアンドロメダ座のγ星アルマク。望遠鏡で覗くと非常に美しい二重星です。



f:id:hp2:20200111233128j:plain

ちなみにこの場面、画角を合わせてみると、おおよそ35mm判フルサイズのカメラに28mmのレンズを取り付けるとほぼ同じくらいになります(グレーのライン)。心射図法で星図を描くとアニメの描写とぴったり一致するあたり、なかなか渋いです。


モンロー『導入はちょっと…コツがいるものね』
すず『導入って?』
あお『星を望遠鏡の視界に入れること』
f:id:hp2:20200112000004j:plain

この辺は、望遠鏡をいじっている人なら毎度おなじみの場面ですね。望遠鏡は倍率が高くて視野が狭いので、望遠鏡本体だけを使って見たいものを視野の中に入れるのは大変です。そこで「ファインダー」と呼ばれる低倍率の小望遠鏡で目標を捉えてから望遠鏡を覗くのですが、これが正しく働くためには望遠鏡とファインダーがしっかり同じ向きになっている必要があります。


モンロー先輩がここでまずやっているのはこのファインダーの調整で、遠くの景色などを使ってファインダーと望遠鏡とで同じものが見えるよう、ファインダーの向きを微調整するのです*2。本当は暗くなる前にやっておきたい作業ですね(^^;


あと、細かいところをつつくと、望遠鏡に最初から高倍率のアイピース*3を付けているようですが、これだと視野が狭すぎて、ファインダーを使ったとしても一発での導入は難しいです。普通は、低い倍率で視野内に導入してから順に倍率を上げていきます。



f:id:hp2:20200111233826j:plain

火星が導入できました。もっとも、この日の火星は19時半の時点で高度はわずか12.7度。視直径も4秒(1秒=1/3600度)しかなくて、ちゃんとした観測には向きません。火星は年や時期によって地球との距離が大きく変わる=見かけの大きさが大きく変わるので、観測する時期が大事です。前年の2016年5月ごろと翌年の2018年7月ごろは、地球に大きく近づいて観望の絶好機でした*4。今回のように、高度が低い上に視直径が小さいと入門機はおろか、ベテランが大きい望遠鏡を使ってもなかなか表面の様子を捉えるのは難しいでしょう。



『…何も見えないんだけど』
みら『桜先輩きっと日頃の行いが悪いから~』
『何か言った?』
みら『いえ何も…』
あお『地球の自転のせいで時間が経つとずれちゃうんです』
f:id:hp2:20200111234500j:plain

視野から天体が外れていってしまうのも「あるある」です。なにしろ100倍超の高倍率をかけて覗いていますから動きも100倍超。自転の影響も非常に大きいのです。



f:id:hp2:20200111234547j:plain

ここで使われているポルタII A80Mfの場合、焦点距離は910mm。アイピースが付属のプローセル6.3mm*5だとすると、倍率は144倍、実視界は22分(1分=1/60度)しかありません。これだと、1分半もあれば視野の端から端まで対象が移動してしまいます。なので、最初から対象を中央に入れるのではなく、なるべく視野の端の方に入れ、視野を横断していく間に観測するのが手動で動かす架台を使う場合の基本です。そこもちゃんと再現されていて、おそらくスタッフさんは実際に望遠鏡を操作して勉強したんだろうなぁということが想像されます。


なお、天体望遠鏡で星を覗いた場合、普通は天地さかさまになった像が、天頂ミラーや天頂プリズムを使った場合は左右が反転した像が見えるのですが、ここでは正立像が見えています*6。これは、ポルタII A80Mfに付属のプリズムが「正立天頂プリズム」であるためで、決して作画ミスではありません。


続いて望遠鏡は木星へ。


『縞模様と点が見える!』
モンロー『周りの点はガリレオ衛星よ。小さい望遠鏡でも結構見えるの』
f:id:hp2:20200111234723j:plain

初心者が望遠鏡で惑星を見る場合、一番のおすすめは環がある土星、次いで木星です。木星は大きいので、初心者向けの望遠鏡でも本体の縞模様や衛星を楽しく眺められます。衛星については、モンロー先輩が触れている「ガリレオ衛星」と呼ばれる4つの衛星が明るいため特に有名で、街なかから双眼鏡でも簡単に確認できます。



f:id:hp2:20200111234801j:plain

この日20時の衛星の配置。ガリレオ衛星はガニメデ、カリスト、イオ、エウロパの4つですが、ここでは3つしか見えません。これはエウロパ木星の裏側に回って隠れてしまっているためです。衛星の動きは結構早いので、時間をおいて観察すると衛星が木星の周りを回っているのがよく分かります*7



みら小惑星ってそんな昔から見つかってたの!?』
あお『うん。で…今発見されてる小惑星は約50万個』
みら『ご…50万…』
あお『世界中で高性能の望遠鏡が観測してるから大きいものはほとんど発見されちゃってるんだって』
f:id:hp2:20200112002751j:plain

小惑星が発見されると番号登録がされますが、2016年6月時点で番号登録された小惑星は469275個、2017年7月時点で496815個なので、あおの言っている「約50万個」というのはおおよそ正しいですね*8。「高性能の望遠鏡が観測しているから~」というのも正しくて、現在では地球に接近する天体の発見を目的にPan-STARRSLINEARLONEOSといった大規模プロジェクトが小惑星や彗星を根こそぎ発見してしまっています。国内でも美星スペースガードセンターJAXA入笠山光学観測所がこうした活動を行っています。


さらに、広視野観測装置「トモエゴゼン」の運用が始まったり大型シノプティック・サーベイ望遠鏡(LSST)の建設が進んでいたりと、この流れは今も着々と強化されつつあります。


昔は新彗星や小惑星の発見はアマチュアの……特に日本のアマチュアの得意とするところだったのですが、こうしたこともあって、現在では新天体の発見はアマチュアにはかなり難しいものとなっています。とはいえ、年に1個くらいは日本のアマチュア*9小惑星を発見したりもしているので、頑張ってほしいところです。



みら『よし!まずは私小さい星でも見つけられるように視力鍛える!』
あお『ふふ…それなら北斗七星のミザールとアルコルで視力検査ができてね…』
f:id:hp2:20200111235203j:plain

ミザールとアルコルは、アラビアで視力検査に使われたといわれる有名な星。上の絵で、北斗七星の右から2つ目の星になります。2等星のミザールに4等星のアルコルが満月の1/3ほど離れた位置に寄り添っていて、これが見えるかどうかで徴兵時の視力検査をしたといわれています*10



f:id:hp2:20200111235328j:plain

20時半ごろの星図がこちら。北斗七星の傾き具合からいって、おそらくこのくらいの時間帯でしょう。



『い…今の見た!?』
いの『はい!』
モンロー『こと座流星群ね。例年出現数は少なめらしいから見られたのはラッキーかも』
f:id:hp2:20200111235456j:plain

ここで言っている「こと座流星群」ですが、正確には「4月こと座流星群」といいます。例年、4月16日~25日あたりが活動期間になっています。2017年はちょうど4月22日21時ごろが極大で、1時間当たり10個程度の流星が飛ぶと予想されていました。とはいえ、全天暗いものもひっくるめての10個なので、人の視野に入る個数を考えると、都会の明るい空ではモンロー先輩の言う通り「見られたらラッキー」くらいの確率です。


ちなみに、流星群といううと流れ星が群れをなしてバンバン飛ぶようなイメージを持ちがちですが、ある時期に空の特定の個所*11から飛ぶ流星をグループとしてまとめたものが「流星群」なので、数の多少は関係ありません。中には1時間あたり1~2個しか飛ばないような流星群もあります。



f:id:hp2:20200111235559j:plain

おそらく21時20分ごろだと思うのですが、星図と突き合わせてみるとこの流星、こと座方面からりゅう座方面に流れていて、出どころをたどるときっちり4月こと座流星群の放射点(上の図でピンクの十字で示した点)になっています。さすがです。


もっとも、実際の4月こと座流星群の2017年の活動を確認してみると、例年より明るい流星が少なく、地味な活動に終始したとのこと*12。……まぁ、野暮なことは言いっこなしにしましょう(^^;



f:id:hp2:20200111235639j:plain

観測会後、会誌「KiraKira」創刊号もどうにか出版し終え、「KiraKira創刊お疲れ様会」で温泉へ。満月だと言っているので、月が替わって5月11日のことでしょう。


ここで感心したのは、月の大きさが実物に近くかなり抑えられていること。月……特に低空の月は錯視の影響もあって大きく描かれがちなのですが、ここではかなり小さく描かれています。実際の月の見かけの大きさは、5円玉を手に持ってめいっぱい伸ばしたときの、5円玉の穴の大きさと同程度と言われていて、想像以上に小さいものです。絵的には大きく描いて迫力を出したい誘惑に駆られるところだと思うのですが、こんなところまでとことん真面目です*13


と、天文ネタはおおよそこのくらいでしょうか。この分だと次回以降もクオリティ面では安心ですね。いかにも真面目で理系オタ的なムーブ*14が目立つ桜先輩かわいいです(^^)




※ 本ページでは比較研究目的で作中画像を使用していますが、作中画像の著作権は©Quro・芳文社/星咲高校地学部に帰属しています。また、各星図はステラナビゲータ11/株式会社アストロアーツを用いて作成しています。

*1:その意味で、このアニメのインパクトは決して小さくなかったと思っています。

*2:あおが一瞬戸惑ったように、このあたりのややこしさが天体望遠鏡の敷居を高くしている原因の1つなんじゃないかと。超低倍率のアイピースを同梱してファインダーを不要にするなど、なんらかの工夫があっても良さそうに思います。その意味でビクセン「ファインダーアイピース100」なんかは面白い試みだと思うのですが、あれはあれで視野がやや狭いのが……。

*3:後述するように、おそらく付属品のプローセル6.3mm。

*4:特に2018年は15年ぶりの「大接近」で、視直径は24秒に達しましたが、火星の表面で大規模な砂嵐が発生し、表面の模様はあまりよく見えませんでしたorz

*5:画像の姿を見る限り間違いないでしょう。こんなところまで正確とは恐れ入ります。https://www.vixen.co.jp/vixen_cms/wp-content/uploads/product/itemimage/39952_9/39952_9-D003.jpg

*6:視野内で天体の移動していく方向が、地球の自転による天体の移動方向と同じ。

*7:ガリレオはこの衛星の動きから地動説の正しさを確信したといいます。「ガリレオ衛星」という名前の由来です。

*8:2019年現在、番号登録された小惑星は541132個にまで増えています。

*9:「ア……アマチュア……?」というレベルの人がほとんどですが(^^;

*10:決して「死兆星」ではない(笑)

*11:流星群の流星が流れてくる空の一点を「放射点」と呼びます。

*12:誠文堂新光社天文年鑑2018年版」より

*13:とはいえ、多分これでもまだ大きいかと。まぁ、これ以上小さくすると月とは分からなくなるし……。

*14:たぶん、1から10まで「正確に」説明した上、「ちなみに……」以降がすごい多い&長い人(^^;

「恋する小惑星」を検証してみた

先日から放送が始まった「恋する小惑星」。
koiastv.com


一般に「女の子同士のきゃっきゃうふふ」が定番のきららアニメとはいえ、アストロアーツビクセン国立天文台などが協力していて、かなりガチな内容になっているとの事前情報があって、期待していた人も少なくないはず。


で、こちらでも視聴しましたが、いい意味で「らしからぬ」非常に丁寧なストーリー展開。その分、ツカミという意味ではやや弱めに感じましたが、キャラクターに好感を持ってもらうということに重点を置くなら、各メンバーの性格もはっきり出ていて非常に良い導入だったかと思います。


で、ストーリー関連はともかくとして(ぉぃ、天文マニア的には星空や機材の描写がどうだったのかが気になるところ。軽く検証してみましょう(^^;



f:id:hp2:20200107190242j:plain

冒頭の、キャンプ場の夜空。みらとあおが初めて会った場面ですね。正面に見えるのが木星です。


あおが「アストロガイド星空年鑑2008」を持っていたところからすると2008年の夏のようなので、新月だった2008年8月1日20時の夜空を再現してみるとこんな感じ。



f:id:hp2:20200107190342j:plain

アニメの夜空が非常に正確に描かれているのが分かります。主題が主題なので当然ですが、一般のアニメでここまでキッチリしているのはあまり記憶にありません。よく見るとM22などまで描かれています。一方で、M8などをはじめとした散光星雲の類がほとんど描かれていないあたり、抑制が効いていてよい感じです。



f:id:hp2:20200107190502j:plain

あおがみらに渡した双眼鏡。2008年当時のビクセンのカタログを当たると、おそらく「ジョイフル M8×21」ないし「同10×21」かと。作画は正確で、さすがはビクセンが協力しているだけのことはあります(笑)



あお『点…まぁ…うん。双眼鏡じゃ見えないけど惑星はしましまで細い輪っかがついてて月みたいなのが70個ぐらいあるんだよ』
みら『お~』
f:id:hp2:20200107190744j:plain

こはちょっと惜しい。2008年当時、発見されていた木星の衛星は63個。「70個くらい」とくくるにはちょっと少ないですね。あとで、この作品での「現在」が2017年だということが推測できるのですが、この頃だと衛星の数は67個。おそらく、作者さんがこちらの数字に引っ張られてしまったんじゃないかなと思います。ちなみに、2020年1月現在では79個(!)にまで増えています。



f:id:hp2:20200107190933j:plain

部室にある望遠鏡は、おそらくポルタII A80Mfでしょう。いかにもきょうびの部室にありそうな望遠鏡。こちらもさすがに正確です。本棚には「星ナビ」のバックナンバーも見えますね。



f:id:hp2:20200107191253j:plain

西の空に水星を見つけるシーン。この後の会話で、金星が明け方の空に見えているという話が出てきますが、4月に水星が夕方の西空、金星が明け方の東空に出ている時期を探すと2016年と2017年がそれにあたります。が、周辺の星の配置を見るとおそらく2017年かと。この年の4月は、4月1日に水星が東方最大離角を迎えて見ごろ、金星は4月30日の最大光輝に向けて東空での高度を上げている時期になります。



f:id:hp2:20200107191344j:plain

こちらが2017年4月4日*1、日没30分後の西空です。このときの水星の高度は11度ちょっと。ここでも星の配置がきっちり一致していることが見て取れます。ただ、この時間帯は夕明かりがしっかり残っていて、実際にはこれほど周囲の星が見えることはありません。まぁ、他の星が見えててくれないと画面構成的には寂しいですから、このあたりは演出の範囲内でしょう。



f:id:hp2:20200107191450j:plain

番組終盤、みらとあおが空を見ながら電話で話すシーン。ここで冬の星座が出てきます。直前のシーンの「地学部活動予定」の記述から、これが4月第2週のことだというのが分かるのですが、この週の金曜日、2017年4月7日の天文薄明終了時(19時36分)の夜空がこちら。



f:id:hp2:20200107191517j:plain

ここもさすがの一致度。ちゃんと気を使って書かれているのが分かります。しかし、この時間帯にパジャマ姿はさすがに早いと思いますよ(^^; >ご両人



f:id:hp2:20200107191555j:plain

最後にエンディング。左手に「時の鐘」が見えているので舞台が川越だというのが分かるのですが、この位置に見えているということは主人公たちは東を向いています。



そこで、東空の星の配置を探ると……



f:id:hp2:20200107193540j:plain

4月の19時ごろの東空がドンピシャでした。ただ、2017年4月だとすると、上の星図の通り、おとめ座木星がいるのでこれを描かない道理がありません。一方、エンディングに写るメンバーからすると、2017年度なのは確実*2なので、ぐるっと一回りして2018年3月と考えるのが妥当そうです。試しに2018年3月23日19時半の星空を見てみると……



f:id:hp2:20200107194010j:plain

いい感じです。おそらくこれで確定でしょう。


ともあれ、マニア目線で見てもかなりガチなのは伝わりました。どのキャラもかわいく描けていますし*3、ストーリーの方も期待できそう。今クールは楽しめそうです。




※ 本ページでは比較研究目的で作中画像を使用していますが、作中画像の著作権は©Quro・芳文社/星咲高校地学部に帰属しています。また、各星図はステラナビゲータ11/株式会社アストロアーツを用いて作成しています。

*1:この年は4月3日月曜日が学期初め。この日に顔合わせをしたとすると、2人の電話は翌日の夕方なので4月4日。

*2:3年生が在籍している。

*3:絵柄だけではなく、性格的な面も含めて。