PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。

個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

【速報】アトラス彗星がピンチ!?


久々の大彗星かと期待されているアトラス彗星ですが、少し心配なニュースが飛び込んできました。



コメットハンターとして有名なテリー・ラブジョイ氏のツイートですが、最近の彗星像がやや暗くなりつつあるとのこと。氏は"not a good sign"と言っていますが、たしかに、氏の撮った写真を見ると、3月31日から輝きがやや減退しているように見える上に、コマがやや▽の形に伸びているような気もします。


そこで、例によってComet Observation Databaseで公開されている観測データをもとに光度曲線を描いてみました。


f:id:hp2:20200404161837p:plain

……うむ。たしかにちょっとマズい感じです。ここ数日、光度が停滞しているどころか、むしろ若干下がっているような気もします。これが気のせいだったり、一時的な現象ならそれほど心配ない*1のですが、最悪のケースとして核が崩壊し始めた可能性も否定しきれません。


f:id:hp2:20200404161946p:plain

核が崩壊した例として思い出すのは、タイバー彗星(C/1996 Q1)です。当時、肉眼彗星になるのではないかと期待されていて、順調に光度を伸ばしていたのですが、太陽まであと1 auというところで急に光度の伸びが停滞。その後、核が直線状に伸びていくのが観測されるとともに、光度が逆に下がっていって1か月ほどで見えなくなってしまいました。


アトラス彗星は太陽までまだ1.4 auありますし、明確に核が伸びるのが観測されたわけでもないので慌てる必要はないとは思いますが、光度カーブの形状はよく似ていて、ちょっと心配なところです。


また、アトラス彗星は核が脆そうというのも不安材料ではあります。C/1844 Y1と分裂した「前科」もありますし、遠方での活動が「異常に」活発だったのも、核が脆くて物質放出が盛んだったと考えれば、ある程度納得できるような……。上で「核が崩壊した例」として引用したタイバー彗星(C/1996 Q1)も、リラー彗星(C/1988 A1)の破片ではないかと言われていて、そのへんの符合もイヤな感じです。



ともあれ、現時点ではまだ確定的なことは何も言えません。客観的な事実としては「Lovejoy氏の写真でコマの形がちょっと変」、「光度がほぼ完全に停滞している」だけです。どうにか無事に、5月に雄大な姿を見せてほしいものです。


※光度グラフはComet for Windowsで作成しました。また、各彗星の光度データはComet Observation Databaseに集積されているデータを参考にしています。

*1:それでも、おそらく予想最大光度は引き下げざるをえないかも……。

金星とプレアデス星団の接近


おうし座の散開星団プレアデス星団(M45, すばる)は黄道に近い位置にあるため、しばしば惑星と大きく接近します。そして4月3日は、まさにプレアデス星団と金星とが大接近する日でした。


f:id:hp2:20200404021334j:plain

プレアデス星団と金星の接近はおおよそ8年おきに発生しますが、比較的珍しい現象には違いないので、日没くらいに機材を自宅前に展開し、「記念写真」を狙いました。


プレアデス星団の明るさは、構成する星の中で最も明るいアルキオーネが2.85等。一方、現在の金星は東方最大離角を過ぎて最大光輝に向かっているところで、明るさは-4.4等。実に767倍もの差があります*1。これほど差があっては、プレアデス星団の微細な表現など金星の光に邪魔されてとても無理ですし、そもそも金星をある程度点状に写すためには露出をかなり控えなければなりません。


だとすれば、赤道儀はごく簡素なものでいいはずで、赤道儀化AZ-GTiや年初に譲ってもらったスカイパトロール(旧型)で十分間に合うはずなのですが、いずれも試運転程度の運転しかしておらず、いきなり実戦投入は怖い……というわけで、SXPを引っ張り出してきました。


撮影を始めてみると、金星の明るさが想像以上に凄まじすぎて、プレアデス星団の星が本当に写っているのかどうかの確認さえ困難です。おまけに、薄雲が頻繁に横切ります。


f:id:hp2:20200404021405j:plain

ISO100, 60秒露出の撮って出しはこんな感じ。金星の光が圧倒的すぎて、プレアデス星団がまるで目立ちません。


ここでちょっと面白いのは、金星のハロが左上~右下方向を長軸とする楕円形に見えている点です。初めは、金星が半月型に欠けているせいかと思ったのですが、欠け際の方向はむしろ短軸方向に近く、つじつまが合いません。


この写真は赤道座標に沿って撮影しています*2が、地上座標に戻すと長軸はまさに垂直方向に相当します。つまり、地上から見た場合、縦長のハロというわけです。


これはもしかすると「楕円ハロ」と呼ばれる光学現象に近いものかもしれません。薄雲の中の氷晶がいたずらをしたとすれば、一応の説明はつきますね。
rainbowmustache.jimdofree.com
www.atoptics.co.uk
www.atoptics.co.uk


ともあれ、60秒露出のコマだけでなく、気休めですが30秒露出のコマも確保して撮影終了です。


撮影したコマは露出秒数ごとに加算平均でコンポジットしたのち、それぞれを加算コンポジットして、HDR的な処理を目指します*3。そして出てきた結果がこちら。


f:id:hp2:20200404003205j:plain
2020年4月3日 ミニボーグ60ED+マルチフラットナー1.08×DG(D60mm, f378mm) SXP赤道儀
Canon EOS Kiss X5 SEO-SP3, ISO100, 露出60秒×16コマ+30秒×16コマ
ペンシルボーグ(D25mm, f175mm)+ASI120MM+PHD2によるオートガイド
ステライメージVer.7.1eほかで画像処理

とりあえず、プレアデス星団の存在は分かるので良しとしましょう。記念写真としては十分でしょう。



ちなみにですが、上で書いたようにプレアデス星団と金星の接近はおよそ8年ごとに起こります。この先の接近を確認してみると、2060年4月4日の夕方がなかなかすごいです。


f:id:hp2:20200404021604j:plain

なんと、直径7度の視野内にプレアデス星団と月齢3.3の月、金星、木星土星がすべて入ってしまうのです。双眼鏡で観望するのにちょうどいい集まり具合で、かなりゴージャスな眺めになりそうです。40年後か……ギリギリ生きてるかな?

*1:2.5^(2.85+4.4)

*2:上が天の北極

*3:本来なら2倍どころではなく4倍くらいの露出の差をつけた方が効果的なのでしょうが、そこはまぁ、あまり本気じゃなかったということで。

アトラス彗星近況

5月に明るくなるのではないかと期待されているアトラス彗星(C/2019 Y4)。発見以降、異常ともいえる速度で明るさを増していましたが、3月半ばくらいから増光の速度が明らかに鈍ってきました。


鈍ったタイミングは、彗星が太陽から1.8天文単位au)にまで近づいてきてからで、おそらく揮発物質がそれまでの二酸化炭素等から水に切り替わったのではないかと思われます。


f:id:hp2:20200401000404p:plain

Comet Observation Databaseで公開されている観測データをもとに光度曲線を描いてみると、明るさの停滞は明らかです*1。3月半ば以降の観測データだけを用いて光度曲線を予想すると、単純には青色のカーブになりますが、さすがにこれは低く見積もられた一部の観測データに引きずられすぎの気がします。実際には、赤色のカーブのような変化を見せるのではないでしょうか。4月中に肉眼等級に達しているかどうかが1つの目安になりそうです。


とりあえず赤いカーブに従うと仮定すると、5月に入った時点で5等台、5月半ばに2等台、そして近日点通過時には0等台に達しそうで、感覚的にも妥当な明るさかなという気がします。


f:id:hp2:20200401000530j:plain

5月中のアトラス彗星の動きですが、5月20日ごろまでは夕方の空で比較的見やすいです。下の図は日没30分後の空ですが、北西の空で明るさを増しながら急速に高度を下げていきます。高度が10度を切る5月20日ごろは1~2等くらいでしょうか。


f:id:hp2:20200401000545j:plain

この後は、明け方の空の方が見やすいです。こちらは同じく日出30分前の空。彗星は10度以下の高度を保ったまま、地平線上を這うように動いていきます。5月26日は、この時点で高度が6.5度。順調に増光していれば0等台に突入していて、おそらくこのあたりが無理なく観望できる限界近いのではないかと思います。そして近日点通過後は、日出時、日没時とも日本からは見えなくなります。



ところで「近日点付近で0等程度」というと、比較的最近来たあの彗星を思い出します。そう、C/2011 L4ことパンスターズ彗星です。


f:id:hp2:20200401000620p:plain

こちらはアトラス彗星の光度予想カーブとパンスターズ彗星の光度変化を同スケールで並べてみたもの(横軸は近日点通過時からの日にち)ですが、両者はよく似ているように見えます。*2


f:id:hp2:20200401001027j:plain

上は、2013年3月におけるパンスターズ彗星の日没30分後の動きですが、高度10度前後をうろついているあたりも似ています。近日点通過は3月10日で、この頃には0等台に達していますが、Twitter上の報告をあさってみると10日は高度が低いために報告は少なく、やはり高度が10度に近づいてから報告がグッと増えてきます。
togetter.com


こうしてみると、アトラス彗星の見え方については、パンスターズ彗星の見え方がある程度参考になりそうです。当時、私は3月12日に観測、撮影していますが、0~1等程度の明るさがあったはずにもかかわらず、日没後40分ほどたってからでないと発見できず、また、見かけの大きさもかなり控えめで、決して「大彗星」という雰囲気ではありませんでした。
hpn.hatenablog.com


ただ、パンスターズ彗星と比べると、アトラス彗星に有利な点もいくつかあります。


まず、彗星と地球の距離が近いです。見ごろの頃の地球-彗星間の距離を見ると、パンスターズ彗星が約1.1 au(3月10日~15日ごろ)あるのに対し、アトラス彗星は0.8 au前後(5月20日~25日ごろ)と、30%以上近いのです。その分、彗星はより大きく見えることになります。もちろん、大きく広がって見える分、逆に淡く見えてしまう可能性もあるのですが……この程度の差ならそれほどひどい影響はないでしょう(と思いたい(^^;)。


そして、彗星と太陽の距離が近いです。パンスターズ彗星の近日点距離は約0.3 auでしたが、アトラス彗星は約0.25 auと、太陽により接近します。その分、太陽に強くあぶられるので、より活発に物質を放出する可能性があります*3


また、過去にC/1844 Y1と分裂した経歴を考えると、意外ともろい核かもしれず、太陽接近時に再度分裂する可能性があります。運よく近日点通過前に適度に分裂してくれると、ダストを大量に吐き出して、ウェスト彗星みたいな派手なことになる可能性もゼロではありません。


近日点通過後は日本から観測できなくなってしまうのが惜しいところですが、今からじたばたしても仕方ありませんので、時期が来るまではおとなしく静かに期待しながら待ちたいと思います。


※光度グラフはComet for Windowsで、星図はステラナビゲータ11(アストロアーツ)で作成しました。また、各彗星の光度データはComet Observation Databaseに集積されているデータを参考にしています。

*1:もっとも「停滞している」とはいっても、今までの増光が明らかにおかしかっただけで、むしろ通常の彗星の増光パターンに戻ったと言った方がいいように思います。

*2:彗星の光度式は決まっているので、絶対等級と光度係数さえ同程度なら同じようなカーブになるのは当然ではあります。

*3:もっとも、これについては、それを織り込んだ上での光度曲線のはずなので過度の期待はできませんが