PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。

個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

「BORG55FL+レデューサー7880セット」への48mmフィルター取付方法

昨日のエントリーで、「『BORG55FL+レデューサー7880セット』に48mm*1のL-Ultimateフィルターを付ける手段がない」という話をしました。

hpn.hatenablog.com


L-Ultimateはその特性上、F4以上の鏡筒での使用が推奨されています。一方、「BORG55FL+レデューサー7880セット」のF値は3.6で、単純に取り付けることはできません。


そもそも「BORG55FL+レデューサー7880セット」へのフィルター取り付け方は全部で4通りあります。

  1. レデューサー先端に48mmフィルターを逆付けでねじ込む
  2. レデューサー後方に48mmフィルターを逆向き*2にねじ込む
  3. レデューサー後方に取り付ける「カメラマウントアダプター【7000】」に52mmフィルターをねじ込む
  4. レデューサー後方に「フィルターBOXn【7519】」を取り付け、その中に48mm/52mmフィルターを収める

しかし、このうち2~4はフィルターにF3.6相当の光束が入射することになり、透過光の波長シフトが無視できません。かといって、1の場合はF値の条件こそクリアできる*3ものの、フィルターを表裏逆に装着することになり、おまけにL-Ultimateフィルターの前面にはネジが切られていないため、そもそも取り付けることができません。


そこで、先のエントリーでは薄い「M48メス⇔M48メス」の接続リングを調達するしかなさそう……という結論になったのですが、ボーグのパーツをあれこれひっくり返しているうちにちょうどいいパーツを見つけました。



フィルターBOXn【7519】……正確にはフィルターケース【7518】に付属する「52mm/48mm変換リング」(写真左)です。


これは内側に48mm、外側に52mmのネジが切られている厚さ2mmほどのリングです。これは本来、フィルターケース【7518】に48mmフィルターを取り付けるためのアダプターなのですが、内側に48mmのネジが切ってあるということは……



うん、上手い具合についてくれました。厚さが2mm程度しかない関係で、ネジが咬んでいる長さは大したことないのですが、外から力がかかる場所ではないので、ポロリと落っこちなければOK。実際、レデューサーとフィルターの摩擦もあって思った以上にしっかりしています。


おまけに、実は先日の撮影時にフィルターケース【7518】を地上に落として歪ませてしまい、このリングは余っている状態*4。まさにうってつけです。


フィルターの付け外しのためにいちいち鏡筒をバラさなければならないのは面倒ですし、フィルター枠でケラれる可能性もありますが、使えないよりははるかにマシ。これでまた撮れるものの幅が広がりました。



なお、このセットにおいてフィルターをレデューサー先端に付ける場合の注意点ですが、M57ヘリコイドDXII【7761】の内径が小さいため、説明書通り「対物レンズ-ヘリコイド-延長筒」の順番で組み立てると、フィルターとヘリコイドが干渉してしまうことがあります。上の図のように、ヘリコイドを後方に持ってくれば干渉の心配なく組み上げることができます。

*1:いわゆる2インチサイズ

*2:フィルター裏面が対物レンズ側に向くという意味

*3:ミニボーグ55FL対物レンズのF値は4.5

*4:フィルターケースの方は買い直す羽目になってしまいました。

(ようやく)本年初撮り

My new gear……


hpn.hatenablog.com

年末に「めちゃくちゃマイニューギアりたい~」と心の声が漏れていましたが、年始早々、やってしまいました。



はい、OptolongのL-Ultimateフィルターです。正規代理店のシュミットには残念ながら在庫がないようだったので、やむをえず海外通販で。PayPalのレート換算が渋い上、関税3700円がプラスされましたが、かかった費用としては56120円でビミョーに安く買えました*1
www.syumitto.jp


ご存じの通り、このフィルターはOIIIおよびHαの波長域における半値幅が3nmと、驚異的な性能を誇るデュアルナローバンドフィルターです。これに近いもので自分が持っているのはIDASのNebulaBooster NB1フィルターですが、こちらはHβ~OIII領域の半値幅が32nm、Hα領域の半値幅が20nmもあり、「セミナローバンドフィルター」とでも言うべき性質のものです。


L-Ultimateの場合、そこらのナローバンドフィルターを上回る半値幅の狭さ*2ですし、街なかであっても散光星雲や惑星状星雲、超新星残骸には無類の強さを発揮するでしょう。


ただし、干渉フィルターは一般に、入射する光の角度が大きくなると透過する光の波長域が短波長側にシフトするという問題があります。透過波長の半値幅が狭いL-Ultimateでは特に顕著で、F4以上の暗さの鏡筒での使用が推奨されています。


ウチでは「BORG55FL+レデューサー7880セット」(F3.6)が該当しますが、レデューサーの手前に付ければBORG55FL自体のF値は4.5ですし、なんとか使えるでしょう……。



ぐぬぬ……裏返しでの装着かorz(知ってた)


ナローバンドフィルターには裏表がありますし、そもそもL-Ultimateのフィルター枠には表側にネジが刻まれていないのでレデューサー先端への装着は不可能。かといって、後方では「F4以上」というフィルターの使用条件を満たせません。多少ケラレる可能性は出てきますが、薄い「M48メス⇔M48メス」の接続リングを調達してレデューサー先端に装着するしかなさそうです。


なお今のところ、この鏡筒以外はみなF4以上なので、使用に大きな問題はなさそうです。


出撃!


というわけで、一晩中晴天が予想された先週金曜、20日の夜にいつもの公園に出撃してきました。


せっかくL-Ultimateが届いたのですから、それに適した散光星雲や惑星状星雲を狙いたいところ。一方で、明け方にはZTF彗星(C/2022 E3)も狙いたいので、そこそこの時間で撮影が切り上げられるのが理想です。


そこで、ネタのタイミングとしては少しズレたものの、クリスマス星団周辺を狙うことに。この時期、対象は天文薄明が終わる18時半ごろには高度が30度を超え、一方で2時半ごろに高度30度を切りますから*3、それ以降はZTF彗星の撮影に向かえるというわけです。


この領域は2017年末にデジカメで撮影していますが、知名度の割におそろしく淡く、炙り出すのにものすごく苦労した覚えがあります。
hpn.hatenablog.com


しかし、冷却CMOSカメラ+デュアルナローバンドフィルターなら、比較的容易に捉えられるでしょう。デュアルナローバンドフィルターは光害にも強いので、宵のうちから撮影を始めます。


一方、クリスマス星団を取り巻く散光星雲中には、「Fox Fur Nebula(キツネの毛皮星雲)」の愛称で知られる反射星雲があります。反射星雲は一般にナローバンドでは写りにくいので、これについては伝統的な光害カットフィルターであるLPS-D1を用いた撮影で補うことに。こちらは夜半近く、光害が落ち着いてからの撮影です。


そして2時半過ぎからはZTF彗星(C/2022 E3)の撮影。あらかじめ計算しておいた彗星の天球上での移動量をPHD2に入力し、彗星追尾の状態で撮影を行います。天文薄明開始まで2時間半ほどあるので、特に光害の激しい北天*4でもまずまず写ってくれるのではないでしょうか……?


リザルト


まずは、処理が比較的容易だったZTF彗星(C/2022 E3)から。



2023年1月21日 ミニボーグ60ED+レデューサー0.85×DG(D60mm, f298mm) SXP赤道儀
ZWO ASI2600MC Pro, -20℃
Gain=100, 300秒×30, IDAS LPS-D1フィルター使用
ペンシルボーグ(D25mm, f175mm)+ASI120MM+PHD2によるオートガイド(彗星追尾)
ステライメージVer.9.0kほかで画像処理


「2時間半も露出を与えたのだし、イオンの尾もバッチリだろう」と軽く考えていたのですが、いざ処理を始めて見ると尾は想像以上に淡く、炙り出すのに一苦労。今回は上記の通りLPS-D1を用いたのですが、「彗星用」を謳うCometBPあたりと比べると透過する波長域が広く、光害の影響をより強く受けてしまいます。そのあたりが苦戦した原因の1つかと思います。


それでも、どうにか特徴的な姿を捉えることができました。思った以上にコマが大きく広がっていますし、地球との位置関係でわずかにアンチテイルが見えているのも面白いところです。



次いでこの夜の本命、クリスマス星団周辺です。まずは、撮って出し&レベル強調後の画像から。


LPS-D1


L-Ultimate


さすがはL-Ultimate、光害まみれの空での5分露出にもかかわらず星雲が淡い部分までしっかり写っています。また、写野内に明るい星があまりないのであくまで参考ですが、その後の処理全体を通じてゴーストの類は特に見られませんでした。


一方のLPS-D1はさすがに分が悪い。なにやらうっすらと星雲らしき光芒があるのは分かりますが、これでは5年前のデジカメ撮影*5で苦労したのも当然です。


ではLPS-D1での撮影に意味がないかというとそんなことはなく。処理を進めていって最も大きな差が出たのがここ。


左がLPS-D1、右がL-Ultimateによる画像ですが、L-Ultimateの方には反射星雲がまったく写っていません。反射星雲は恒星の光をそのまま反射しているので、幅広い波長の光を含みますが、ナローバンドフィルターでこれを撮影した場合、当然のことながらナローバンドに相当した波長しか通しませんから、よほど明るくない限り、散光星雲のほかの部分と全く見分けがつかなくなってしまうのです。


また、L-Ultimateで撮影したものの方が星の数がずっと少ないのが分かります。恒星が放つ光のうち、HαやOIIIに相当する波長の光が弱ければ写りにくくなってしまうわけで、これをそのまま使うと、いわゆる「ナローバンドくさい」絵になってしまいます。


そこで、StarNet V2で星雲と星とを分離後、星雲についてはL-UltimateのものとLPS-D1のものとをブレンド。星についてはLPS-D1のものを星の色に気を付けて処理して……こう!




2023年1月20日 ミニボーグ60ED+レデューサー0.85×DG(D60mm, f298mm) SXP赤道儀
ZWO ASI2600MC Pro, -20℃
カラー画像:Gain100, 300秒×30, IDAS LPS-D1フィルター使用
ナローバンド画像:Gain300, 300秒×48, Optolong L-Ultimateフィルター使用
ペンシルボーグ25(D25mm, f175mm)+ASI120MM+PHD2によるオートガイド
ステライメージVer.9.0k, PixInsightほかで画像処理


今回は天の川中の天体で「星がうるさくなりやすい」ということもあり、先日紹介したBlurXterminatorも使っています*6。星像がしまって期待通りの効果です。
hpn.hatenablog.com


反射星雲周辺の色がピンクに転んでしまったのがやや不満ですが、写りとしては総じて上々ではないでしょうか。まして、東京都心からの撮影と思えば……。


ちょっと面白いのは写真の右上にOIIIの豊富そうな領域が見えること。最初はフラットのしそこないかと思いましたが、構造もあるようですし、他のナローバンド作品を見ると写っている*7ので、これは正しいのでしょう。


そういう目で見ると、中央付近で散光星雲や暗黒星雲がやや濁ったような色に見えるのも、OIIIの成分がかぶさっているせいかもしれません。


それにしてもL-Ultimate、聞きしに勝る凄まじさです。光害の悪影響もほとんど感じません*8 *9。ただ、反射星雲が写りにくい、色が単調になりやすい、写る星数が少なくいかにもナローバンドくさい写真になりがち、といった弱点も少なからず存在するので、生かし方を考えつつ、適切な対象を見極めて使うべきかと思います。

*1:シュミットだと税込57750円なのでわずかに高いですが、手間などを考えればかなり良心的な価格だと思います。即納ならこちらで買っていたでしょう。

*2:自分が持っているAstronomikのHαフィルターでも半値幅は5nmあります。

*3:経験上、都心では高度が30度を切ると、光害の影響もあって写りがかなり厳しくなります。

*4:ご存じの通り、北方10km圏内に渋谷・新宿を控えています。

*5:この時使っていたのはLPS-P2ですが、特性はほとんど同じです。

*6:???「BlurXTerminatorは買わんと言ったな。あれは嘘だ。」

*7:www.astrobin.com

*8:光害カブリがなさすぎるせいでフラットに苦労した(普段はカブリが直線状になることでフラットになったかの判断をしている)のは内緒。

*9:月明りや光害の影響がゼロではないので、淡い対象を狙うならやはり気にすべきではあります。

2022年の振り返り

今年も、早くも残り数時間となりました。どうも今年は例年にも増して年末感が薄く……。25~26日まで撮影して、29日ごろまで画像処理やってたせいでしょうか(^^; まぁ、2023年の正月は幸い(?)月齢の巡りが悪いので、2022年よりはゆっくり過ごせそうです。


ともあれ、今年も色々ありました。軽く振り返ってみましょう。


ハードウェアの拡充に関しては今年も控えめ。というのも、現時点では下図のように焦点距離的にほとんど穴がないためで、あえて拡充する必要を感じないというのが大きいです。

まぁ、細かいことを言えば「ED103Sの錫箔がやっぱり邪魔」とか「ボーグのレデューサー0.85×DG【7885】のイメージサークルAPS-Cに対してギリギリすぎる」とか「EdgeHD800のミラークラッチの効きがビミョー」とか不満はあるのですけど、鏡筒を買い換えるまでには至らず。というか、この円安&物価高の状況だと大物には手を出しづらいですね。


とりあえずは、現有戦力を大事に大事に使っていきたいと思います。


……い、いや、そ、そ、そんなことないですよ?(;゚з゚) ~♪



そんな中、数少ない拡充がSIGHTRONの「StellaScan 2x40 Mono」。いわゆる「星座双眼鏡(単眼鏡)」などと言われている類の製品です。
hpn.hatenablog.com

強度の遠視&乱視で眼鏡が手放せない上、東京都心という最悪の環境下でどの程度役に立つのか半信半疑の部分はあったのですが、実際に使ってみると星座を構成する星々が思った以上に見えて、なかなか楽しいです。


さらに、最近光害でめっきり見づらくなった北極星が見やすくなったのが地味に助かるところ。赤道儀の設置がスムーズになり、これだけでも元を取った気分です(^^;



一方、拡充というか交換したのがASI2600MC Proの保護ウィンドウです。
hpn.hatenablog.com

CMOSカメラは一般にセンサーの手前に保護ウィンドウがありますが、ASI2600MC Proの場合、これがUV-IRカットフィルターになっています。何もしなくてもカラーバランスが取りやすいのは助かるのですが、これだと系外銀河などに威力を発揮する赤外線撮影が行えません。そこで、このウィンドウを反射防止ガラスに交換しました。


交換後、赤外線を生かすような撮影はまだできていませんが、できることの幅が色々と広がったのではないかと思います。



あとは、観測時のヘッドランプを交換したくらいでしょうか。
hpn.hatenablog.com

押しにくいボタンにもそれなりに慣れて、だいぶ的確に操作できるようになってはきましたが、それでもやっぱり「すごく使いやすい!」というわけにはなかなか行きません。適度な暗さを含め、明かりの具合は気に入ってるんですが……まぁ、妥協のしどころですかね(^^;



次に、今年撮影したものの一覧。




全部で27点。2020年が23点、2021年が19点でしたから結構頑張った部類です。


これらの中で、一番反響が大きかったのは東京都心からデジカメで撮った天の川です。
hpn.hatenablog.com

赤外線などの「飛び道具」を使わず、中古品を含めた格安機材で捉えたもの。機材については、中古デジカメ(改造は別途)、古いガイドカメラ、激安中古レンズ*1にAZ-GTiマウントと、かなり安上がりのはずです。根気さえあればなんとかなるのだなぁと再認識しました。


今年は、昨年から引き続き複数のフィルターの使い分け&ブレンドに力を入れました。馬頭星雲は「Hαナロー+光害カット」、IC443は「ワンショットナロー+光害カット」で撮影したものですし、ステファンの五つ子やArp273はIRパスフィルターで撮ったL画像に光害カットフィルターで撮ったカラー画像を合成したものです。
hpn.hatenablog.com
hpn.hatenablog.com
hpn.hatenablog.com

こうしたフィルターワークを効果的に生かすには、対象天体がどのような成分で輝いているかといった知識が必要ですが、はまれば効果は絶大なので、今後もどんどん活用していきたいと思います。


もっとも、フィルターの枚数分だけ撮影時間がかかるのが泣き所で、やっぱり「連装砲」が……って、去年も書きましたね、これ(^^;


イベント物としては、やはり11月の皆既月食天王星食が最大のトピックです。きれいに晴れて、久しぶりに全過程を観察できる月食となりました。天王星食についても無事動画に収めることができ、満足度が高いです。
hpn.hatenablog.com

「プチ観望会」と呼べないレベルでギャラリーが集まったのには嬉しい悲鳴が。こういうきっかけで、天文に興味を持ってくれる人が1人でも増えてくれたら嬉しい限りです。



その他、個人的に印象に残ったものとしては、自宅周辺で夜空の明るさ=SQM値を測ってみたことがあります。
hpn.hatenablog.com

夏の一晩だけの結果ですが「16.1等」という笑劇的……もとい衝撃的な値をたたき出しました。さすがは大東京、酷い空だorz


とはいえ、こんな環境でも上のように天の川などを捉えることができるのですから、諦めないことが肝要ですね。



最後に、今年ページビューの多かった記事トップ10です。

  1. AM5赤道儀発表
  2. 「ターコイズフリンジ」が見える仕組み
  3. 国内で簡単に入手できる望遠鏡一覧(口径15cm以下~25cmクラス編)
  4. 光害カットフィルターのスペック一気比較
  5. 光害カットフィルターの比較
  6. Sky-Watcher MAK127SP簡易レビュー(外観編)
  7. SG-3500のバッテリー交換
  8. Image Composite Editorの入手先
  9. PoleMaster使用説明書
  10. PHD2マニュアル更新(v2.6.5対応)


意外と言えば意外なことに、1位になったのは昨年末に書いたZWOのAM5赤道儀についての記事でした。従来の中型赤道儀並みの搭載可能重量を誇る一方で、波動歯車装置採用で小型・軽量、加えて価格も安いとなれば、注目を集めることは必至だったかもしれません。


AM5赤道儀は購入した方のレポートが各所に挙がっていますが、性能的にはおおむね満足できるレベルにあるようです。一方で「バランスウェイトが不要」というのが裏目に出て、システム全体を転倒させてしまった例も見かけました。バランスウェイトが不要なのはあくまで「赤道儀の動作に」であって、システム全体の安定性まで保証するものではありません。そこは注意が必要です。


しかし、本機を筆頭に、比較的安価な波動歯車装置採用の赤道儀は、中華製を中心に近年どんどん増えてきています。このタイプの赤道儀には精度面などで特有の弱点もありますが、ソフトウェアによりある程度以上カバーが可能です。国内メーカーの大半が、旧態依然とした設計の赤道儀に留まっているのと比較すると、もはや色々と手遅れなのじゃないかという気がしてきます*2


2位には、月食時に見られるターコイズフリンジに関する記事が。月食のたびに爆発的なアクセスを記録する定番記事で、今回も11月の月食時に集中して参照されました。


4位、5位は光害カットフィルターに関する記事。LED照明がすっかり普及して、従来型の光害カットフィルターは役目を終えつつある感がありますが、実は東京都心でもまだそれなりに蛍光灯由来の輝線が残っているので、この手のフィルターはまだまだ存在意義があります。
hpn.hatenablog.com
とはいえ、今後輝線による光害はますます減っていくでしょうし、LEDによる光害をフィルターでカットするのは困難なので、デュアルナローバンドフィルターやIRパスフィルターが幅を利かせていくことになるのでしょう。


8位は、10位以内に唯一入った今年の記事。モザイク合成に絶大な威力を発揮するマイクロソフトのImage Composite Editorですが、正式な公開が終了したということで注目を集めました。非常に便利なソフトなので、代替入手手段があって本当に良かったです。とはいえ、これも未来永劫安泰とは限らないので、ダウンロードしたファイルは手元に保存しておいた方が良さそうですね。

*1:オートガイド用のレンズは1000円、カメラレンズに至ってはわずか3000円です。

*2:「波動歯車装置採用の赤道儀」がいい!というわけではありませんが、全体的に製品開発、改良のペースが遅いので、どうしても守旧的に見えてしまいます。望遠鏡が数多の電子機器とつながるのが当たり前の昨今、IT企業並みのスピードが必要かもしれません。