PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。

個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

オカカウメ星

東京はひたすら雨の多い10月ですが、20日の夜は本当に久しぶりに晴れの予報。そこで、平日ですがちょっと無理していつもの公園に出撃してきました。


到着時には、西の空にやや雲があるものの、ほぼ快晴で申し分のない条件でした。何を撮るかについては少々迷ったのですが、まだ撮ったことのない天体ということで、はくちょう座の「まゆ星雲」ことIC5146を第一目標に。その後は鏡筒をミニボーグ60EDに切り替えて「アンドロメダ大星雲」ことM31を狙うことにします。M31は過去にも撮ったことがありますが、一番最近でも4年前のことで、そこからは多少成長しているだろうと期待してのことです。もっともこの間、LED街灯の普及はさらに進んでいるので、逆に撃沈の憂き目にあう可能性もなきにしもあらずですが……。


f:id:hp2:20201024000121j:plain

ともあれ、まずはIC5146の撮影から入ります。フィルターについては、NebulaBooster NB1を用いようかとも思ったのですが、IC5146周辺の反射星雲等もひょっとしたら写るかとも思い、従来型の光害カットフィルターであるLPS-D1を用いました。


外気温は20℃前後なので、ASI2600MC Proの冷却温度は-10℃に*1。正直、夏場に使っていた「0℃」とそれほど変わらないだろうとは思いますが、気分的な問題です(^^; Gainは0、露出は1枚あたり15分……という条件はいつも通りです。


f:id:hp2:20201024000148j:plain

撮って出しだとこんな感じ。例によってそこそこ白いですが、中心部には星雲の赤い色も非常にうっすらとですが、たしかに見えていて期待が持てます。


f:id:hp2:20201024000209j:plain

一連の撮影が終わったら、今度は鏡筒をミニボーグ60EDに載せ替えてM31を狙います。


f:id:hp2:20201024000222j:plain

ところが、このあたりから雲の通過が頻繁になり、なかなか撮影に集中できません。私が行っているような、長時間露出を前提にした撮影の場合、シャッターを開けている間は雲が通らないことが条件になるので、こういう空模様だとなかなか厳しいものがあります。また、ガイドカメラの前を頻繁に雲が通過していくため、オートガイドも安定せず、得られるのは流れたコマばかり。2時間近く粘りましたが、どうにもまともなコマが撮れそうもないので、1時過ぎには諦めて撤収しました。


ちなみに、機材を片づけている最中に雲が取れて、すっかりきれいな快晴になったのはお約束です orz



翌日以降、新しいディスプレイが届いたりして画像処理が滞りましたが、隙間時間を使ってダークやフラットを確保し*2、画像処理を進めて出てきた結果がこちら。


f:id:hp2:20201023165523j:plain
2020年10月20日 ED103S+SDフラットナーHD(D103mm, f811mm) SXP赤道儀
ZWO ASI2600MC Pro, 0℃, Gain=0, 露出900秒×8コマ, IDAS LPS-D1使用
ペンシルボーグ25(D25mm, f175mm)+ASI120MM+PHD2によるオートガイド
ステライメージVer.7.1eほかで画像処理

赤く輝く「まゆ星雲」中心部だけでなく、周辺に広がる反射星雲もどうにか捉えることができました。全体の印象としては、いて座の三裂星雲 M20にちょっと近いでしょうか?


このボウッとした光芒と、周囲から尾のように伸びる暗黒星雲(B168)が「まゆ星雲」の見どころの1つなので、捉えることができてまずは満足です*3。あわよくば分子雲も……と思ったのですが、さすがにそこまで甘くはなく(^^; とはいえ、光害カットフィルターにあえてLPS-D1を選んだかいがありました。


今回は、例によって「RGB分割フラット補正」によって丁寧に画像の平坦化を行い、光害カブリの除去も行った上で、この3色分解した各プレーンに対して「Silver Efex Pro 2」による強調処理(フルダイナミック(弱))を噛ませています。「Silver Efex Pro 2」の強調効果の中では比較的おとなしい部類ですが、極端な荒れも発生せず、まずまずうまく行ったのではないかと思います。


それにしても、この「まゆ星雲」という愛称、おそらくは星雲を取り巻く光芒が繭のように見えるところからだろうと思いますが、個人的には色合いといい、星雲の中を走る暗黒帯の具合といい、どうにも「梅干し」にしか見えません。心の中で密かに「オカカウメ星」*4と呼んでるのはここだけの内緒です(笑)

*1:ASI2600MC Proの最低到達温度は「外気温-35℃」です。

*2:温度管理が簡単確実なので、別の日に撮ってもOKなあたり、冷却カメラのありがたさを感じます。

*3:暗黒星雲の存在がこれだけ分かるなら、「まゆ星雲」をもう少し左に寄せたり、レデューサー使って写野を広げ、尾を引く暗黒星雲全体が写るようにしてやればよかったような気もします。

*4:言わずと知れた、スッパマン@Dr.スランプの故郷。