PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。

個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

天文機材関連

マンフロット 190プロアルミニウム三脚3段+RC2付き3ウェイ雲台キット(MK190XPRO3-3W)簡易レビュー

せっかく買ったので、一応、簡単にレビューめいたものを。 三脚は黒を基調に、マンフロットのコーポレートカラーであるイタリアンレッドが所々にあしらわれていて、なかなか格好いいです。そもそもマンフロットが購入候補に挙がったのには、このデザインも大…

カメラ三脚購入

この夏の東京はまったくもってひどい天気で、最後に出撃したのが7月29日。丸々2か月はご無沙汰している計算で、こうなると機材に関心が向くのはいたしかたなく……(^^;というのはともかく、ここしばらく新しいカメラ三脚の購入をずっと考えていました。 購入理…

最近のビクセン製品

ここから下は半ば以上「愚痴」なので、どうしても読みたい方だけどうぞ(^^;

ビクセン、A62SS発表

http://www.vixen.co.jp/product/at/tube/261536.html 5日、ビクセンが今年のCP+で発表していた小型軽量のアクロマート屈折「A62SS」の発売を発表しました。発売日は9月8日。口径は文字通り62mmで、焦点距離は520mm(F8.4)です。フードは伸縮式で、鏡筒長は…

コメント返し

冷却カメラの記事に関し、常連の「忍者」さんからコメントをいただいていたので、いくつかのカメラについて「脳内会議」を開催。あくまでもスペックを見ただけの印象なので、正確性は一切保証しません(^^; ZWO冷却カメラ 安価な冷却カメラとして、最も注目を…

「冷却カメラ」補足

先日の冷却カメラの記事についての補足です。 フルウェルキャパシティとADコンバータのビット数について イメージセンサーは、画素に入射した光を電子に置き換えて蓄積しますが、ピクセルあたりに蓄積できる電子の容量(数)を「フルウェルキャパシティ」と…

冷却カメラについて

最近、天文クラスタ界隈を眺めていると、ハイエンド志向ではない人たちの間でも冷却カメラを導入する動きが広がってきているように感じています。これまで冷却カメラというと古くはビットランやSBIG、近年ではFLIやQSIなどの高価な冷却CCDが主で、ためらいな…

天体撮影時のデジカメの感度設定

銀塩写真が広く使われていた当時、感度は使うフィルムによって決まっていました。今みたいに高度な画像処理ができるわけではありませんから、暗く淡い天体を狙うには基本的には感度の高さでカバーするしかなく*1、超高感度の「フジカラーSuperHG1600」や「コ…

PoleMaster付属の六角レンチの使い道

これは余談と言えば余談なのですが、PoleMasterの付属品の中に細い六角レンチがあります。TOMITAの説明書には記載がない上、パッと見、PoleMasterには六角レンチを差し込むようなところもなく、いったい何に使うのか謎だったのですが、QHYCCDの大元のマニュ…

PoleMaster使用説明書

先日から関連記事を上げている、QHYCCDの電子極軸望遠鏡「PoleMaster」に関してですが、天文ハウスTOMITAから提供された日本語マニュアルをQHYCCDのサイトにあるマニュアルと見比べていたところ、結構マズい感じの間違いを発見しました。また、日本語マニュ…

PoleMasterに関するFAQ

QHYCCDのサイトでは、PoleMasterの説明書が公開されています。天文ハウスTOMITAでPoleMasterを購入すると、図版入りの詳細な日本語マニュアルが付属してきますが*1、そこに書かれていない情報もFAQを中心に存在します。そこで、そのうちのいくつかについて、…

PoleMaster(SXP/AXD用)簡易レビュー

先月、天文ハウスTOMITAで予約注文しておいた、SXP赤道儀用のPoleMasterがようやく届きましたので、ちょっとしたレビューを。もうすでに使用されている方も多く、いまさら感がありますが……(^^;ところでTOMITAでは先週末から、福岡店開店5周年記念セールをや…

大気による色分散量と補正量

「現物合わせ」で補正をやってみて正直かなりつらかったので、どの程度プリズムを動かせば大気による色分散を補正できるのか、計算してみました。大気による色分散量の計算は「PlanetPrism」で行いました*1。焦点距離は6000mmと設定しています。一方、プリズ…

ZWOptical ADC(Atmospheric Dispersion Corrector, 大気分散補正用可変ウェッジプリズム)簡易レビュー

先日、ZWOpticalのADC(Atmospheric Dispersion Corrector, 大気分散補正用可変ウェッジプリズム)を実際に使ってみたので、簡易レビューと使ってみての感想などを。 外観 他社のADCが安くても日本円で4〜5万円ほどする中、その1/3ほどの低価格ですが、本体…

新兵器到着

昨年末、新発売記念で安くなっていたZWOpticalの可変ウェッジプリズムをエレクトリックシープさん経由で購入しましたが、春節が挟まったり運送遅延があったり紆余曲折あった末、ようやく今日、現物が届きました。特別価格とはいえ税込12700円という破格の値…

AXJ赤道儀について

さて、ガラッと話変わって天文機材関連の話です。 昨日も書きましたが、今年のCP+のビクセンブースにおける最大の目玉は、参考出品の「AXJ赤道儀」でしょう。現時点ではまだまだ仕様が固まっておらず、今後全く異なる姿、仕様になることも大いに考えられます…

CP+ 2016 補遺

昨夜はビクセンの記事があまりに盛りだくさんで、書いた時点で力尽きてしまいました。そこで、昨日書ききれなかった小ネタをいくつか。 キヤノン キヤノンのブースはEOS-1D X Mark IIとEOS80Dが大人気で、こっらの機種のタッチ&トライには長蛇の列ができて…

CP+ 2016

今年もCP+が開幕。ちょうど今日は大学の前期試験がある関係で、キャンパス内の職場に立ち入れず休みなので、混みそうな土日を避けて出撃してきました。昨年同様、各カメラメーカーも新製品をCP+に合わせて投入してきているので、色々と楽しみです。平日とは…

QHYの電子極軸望遠鏡カメラ「PoleMaster」発売、そして……

http://www.y-tomita.co.jp/ccd/qhyccd/polemaster.htmlみなさま、明けましておめでとうございます。*1 今年も都心の光害に埋もれつつ、悪あがきしていきたいと思いますので、当ブログを生暖かく見守ってやってください(^^; さて、いささか旧聞に属しますが…

Temma2Z赤道儀発売

http://www.takahashijapan.com/ct-news/news_topics/news_temma2z.html高橋製作所の自動導入対応赤道儀「Temma2M」シリーズ生産終了の発表があったのは先月の20日でしたが、それから1か月後の12月21日、新しい「Temma2Z」シリーズが発表になりました。実際…

SXP赤道儀のASCOM接続

色々と実験ついでに、今回はASCOMでの接続も試してみました。というのも、PHD2ではASCOM接続した場合の利点が少なくなく(ドリフト法による極軸合わせなど)、また他のソフトを利用する上でもなにかと便利だからです。導入は簡単で、ASCOMプラットフォームを…

極軸望遠鏡のその後

先日来問題になっていた極軸望遠鏡ですが、明石における北極星の南中時刻を目安に指標線の位置を調整したところ、無事所定の性能が出るようになったようです。上記で実戦投入したところ、驚くほどのガイドの安定感。これまではガイドグラフがふらつくことが…

なんちゃってHα撮影

ちょっと古い天文ファンなら、コダックの103aEや水素増感テクニカルパン2415といった赤色に強いモノクロフィルムとR64フィルターを組み合わせ、散光星雲を自分で撮影したり、撮ったものを目にしたことがあると思います。これは、赤に強い一方で波長700nm以上…

トラブルその2

ちょうど機材を出したので、前から気になっていたところをチェック。極軸望遠鏡です。以前から、極軸望遠鏡で極軸を合わせたにもかかわらず極軸があっていないような感触がありました。で、調べてみると、指標線(写真上 矢印)が刻まれているリングが接眼部…

トラブル発生

新月期で晴れ間が出たので、土曜はいつもの公園へ。日没後、機材をセットアップしてアライメントして……とやっていたら、突然STARBOOK TENが勝手に再起動!しかもメモリの内容がきれいさっぱり消えてしまっています。 実は、先日も似たような症状がで出たので…

週末のお買いもの

あっという間に夏も終わって秋の長雨シーズン突入……といった雰囲気になって、またしばらく晴れた夜空を拝めそうにないので、この間に小物をいくつかお買いもの。 バーティノフマスク 先日、バーティノフマスクについての記事を上げましたが、シュミットに立…

ピント確認用マスクあれこれ

EdgeHD800での直焦点撮影では、ピントをどうやって合わせるかがやはり問題になってきます。これまでは「ピントエイド」や「BackyardEOS」のピント合わせ支援機能を用い、星像が最小になる点を合焦点としていたのですが、これだけの長焦点になるとシーイング…

ビクセン製赤道儀における極軸方位調整時の注意点

今回、ドリフト法で極軸をきっちり合わせこもうと思っていたのですが…赤道儀の方位ネジを回しても回しても、なかなか赤道儀の方向が変わらない、という現象に見舞われました。実はこの現象が発生するのはこれで2度目で、原因は分かっています。 撤収時に分解…

新兵器投入

先月、協栄産業であったボーグのB級品セールで、前から気になっていた「【7108】マルチフラットナー1.08×DG」を買いました。所有しているミニボーグ60EDに使うのはもちろんですが、ピントさえ出れば焦点距離795mmのED103Sにも使えそうだったので、それも期待…

CP+ 2015

昨年は大雪直撃で行くのを断念したCP+。今年は各メーカーとも興味深い新製品を多数発表したタイミングということもあり、この土曜日に久々に行ってきました。前回行ったのが2012年ですから3年ぶりです。 ここ数年の人出から考えてかなり混みそうな予感がした…